【東京喰種 トーキョーグール】漫画原作の実写映画だけど結構良い

【作品情報】 ジャンル:ダークファンタジー 監督:萩原健太郎 製作国:日本 上映時間:119分 【あらすじ】 水とコーヒーと人体だけを取り込むという人間の姿をした怪人・喰種が東京の街に紛れ、人々は恐れを抱いていた。そんな中、平凡な大学生のカネキ(窪田正孝)は事故に遭ってしまう。知人の少女リゼの臓器を移植して死を免れるが、それが原因で半喰種となったカネキは、頻繁に足を運んでいた喫茶店あんていくで働くことになる。そしてカネキは、アルバイトの女子高生トーカ(清水富美加)や、店に集まる客が喰種だと知り……。(シネマトゥデイより) 【感想】 窪田正孝って憑依系の俳優なんだなと改めて感じた。 ドン引きするぐらい演技が凄い。 半グールになった後に冷蔵庫から食べ物を食べるシーンが本当にすごい。 普通の食事が本当に不味そうに思えてくる。 演技だけじゃなくてアクションもなかなか凄かった。 清水富美加もかっこよくて、出家してしまったことが悔やまれる…。 続編も清水富美加にして欲しかった。 人間側にもグール側にもそれぞれ正義があって、どちらも間違っていないし、どちらも間違ってることもあるしですごく難しい問題だなって映画なのに真剣に考えてしまった。 ヒナミとお母さんのシーンはすごく悲しく感じたし、一見サイコパスに見える真戸にも理由があってかわいそうだなとも思ったし。 世界の宗教観の争いを見ているような気になる映画だった。 ダークな世界観が作り込まれ…

続きを読む

【DESTINY 鎌倉ものがたり】日本のファンタジー映画以外と良かった

【作品情報】 ジャンル:ファンタジー 監督:山崎貴 製作国:日本 上映時間:129分 【あらすじ】 鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに亜紀子(高畑充希)が嫁いでくるが、さまざまな怪奇現象が起こる日常に彼女は戸惑ってしまう。犯罪研究や心霊捜査にも通じている正和は、迷宮入りが予想される事件の折には、鎌倉警察に協力する名探偵でもあった。ある日、資産家が殺害され……。(シネマトゥデイより) 【感想】 鎌倉には妖怪やら幽霊やら人では無いものと人間が共存していて、鎌倉に嫁いできた亜紀子はめちゃくちゃ戸惑いながら生活をしてた。 でも闇市行ったり、しばらくの間貧乏神と同居したりなかなか楽しそうに旦那さんの一色正和と暮らしてた。 一色正和と亜紀子めちゃくちゃ年の差婚夫婦なんだけどお似合いだった。 子どもっぽい亜紀子がすごく可愛かったし、趣味のものを買ったりして童心に戻る一色正和とお似合いな夫婦だった。 仲良く暮らしてた二人に邪魔が入り、亜紀子が黄泉の国へ行ってしまった時は一色正和早く亜紀子を連れ戻しに行って!!って思いながら見てた。 妖怪がたくさん出てくる映画だからCGがふんだんに使われていて、黄泉の国も全てCG。 予告ではCGばっかでどうなのかなーって思ってたけど全然気にならず内容に集中できた。 リアルさとかはないけど、ファンタジーだしこれはこれでって感じ。 最初は子ども向けっぽいと思ってたけど全然大人も楽しめる映画だった。 子ど…

続きを読む

【ウォーター・ホース】伝説のあの生き物の物語

【作品情報】 題名:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP ジャンル:ファンタジー 監督:ジェイ・ラッセル 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:112分 【あらすじ】 父親を亡くした孤独な少年アンガス(アレックス・エテル)は、ネス湖のほとりで青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰った卵から生まれたのは、スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”だった。あっという間に成長したウォーター・ホースを湖に放し、アンガスは大人たちの目を盗んで会いに行くようになる。(シネマトゥデイより) 【感想】 ネス湖のネッシーを題材にした映画でファンタジー映画だったけど、戦争を織り交ぜたりしていて観終わった後に少し切なくなる映画だった。 ネッシーの赤ちゃんにクルーソーと名づけてと友情を深めていくアンガスは観ていてとっても微笑ましかった。 少しだけ「パンズ・ラビリンズ」に似ている気がする。 「パンズ・ラビリンス」はダークな感じが満載でラストは救いの無い映画だったけど、「ウォーターホース」は戦争を織り交ぜているけどダークな展開はなく安心してみていられる映画だった。 1.パブにいた初老の男性のお話 ネス湖に旅行に来たカップルがパブでネッシーの話を老人から聞くところから物語が始まる。 アンガスという少年がネス湖で青くて大きい石を見つけ、その石から爬虫類のような生き物が生まれる。 アンガスはその生き物をクルーソー…

続きを読む

【マレフィセント】本当は“悪”ではなかったマレフィセント

【作品情報】 題名:MALEFICENT ジャンル:ファンタジー 監督:ロバート・ストロンバーグ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:97分 【あらすじ】 とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。(シネマトゥデイより) 【感想】 この映画のは公開されたと同時に4DXで観に行った。 4DXで観ちゃうと自宅で鑑賞するのが物足りなく感じちゃう。 マレフィセントが飛ぶシーンでは一緒に飛んでるような感覚になるし、雨が降れば水滴が落ちてくるし、魔法を使うと香りが漂ってくる。 4DXで一回観るとハマる。面白さ倍増だった。 もちろんこの映画自体すごく面白い映画だったってのもあるけど。 1.人間に裏切られたマレフィセント 最初は純真無垢な少女だったマレフィセント。 人間に恋したけど、その人間に裏切られ羽もむしり取られてしまった。 そりゃあんな裏切られかたすりゃ人間のこと恨みますわなぁって感じ。 その裏切った男が王様になって、子どもが生まれたなんて聞いたら復讐したいって思うのも普通だよね。 そんで、生まれたばかりの娘のオーロラに呪いをかけちゃったマレフィセント。 その後、…

続きを読む

【美女と野獣(2017)】アニメを何倍もグレードアップさせた最高の映画

【作品情報】 題名:BEAUTY AND THE BEAST ジャンル:ファンタジー 監督:ビル・コンドン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:130分 【あらすじ】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。(シネマトゥデイより) 【感想】 ほぼディズニーアニメの「美女と野獣」と同じストーリー展開だけど、何倍もグレードアップしていて凄い良かった。内容も少しづつ付け足されて新しい歌もありつつ、でも違和感ないというか全体的にクオリティが高く仕上がっていてディズニーアニメが好きな人はもちろん、見たことない人も十分楽しめる作品だった。 1.始まりからアニメのまんま! 映画の始まりからアニメと同じ展開でかなりテンションが上がった。 とは言っても、見目麗しい王子が華やかな舞踏会をしていて、そこに老婆がやって来るという展開でちょっとずつ違うんだけど、使用する曲とか話の流れは全く一緒だからディズニーアニメの方を知っている自分にとってはとてもワクワクする始まり方だった。 その後もアニメで使用された曲が次々と出てき…

続きを読む

【ディセンダント2】マリッジブルーのお話

【作品情報】 題名:DESCENDANTS 2 ジャンル:ファンタジー 監督:ケニー・オルテガ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:115分 【感想】 ディズニーチャンネルで製作された「ディセンダント」の続編。 子ども向けだけど、歌は上手いし手が込んでるセットで大人も十分楽しめる作品だった。 オラドン合衆国で暮らすようになり、心を入れ替えたヴィランズの子ども4人。 この4人のうち誰かが悪の道に走るのかなぁと思ってたけど違ってホッとした。 他のディズニーキャラクターの子ども達が次々と出てきてすごく面白かった。 1.王子と婚約したマル ついにマルとベン王子が婚約。 高校では一気にお祝いムードで舞踏会ぎ開かれることに。 マルは髪の色を紫からブロンドに変えて王家に釣り合うよう日々努力の日々…だけど、プレッシャーが半端なくてマリッジブルー気味。 今だに魔法の本の力を使っていることがベンにバレて喧嘩をしマルはロスト島へ戻ってしまう。 プレッシャーに押しつぶされそうになっているマルとは反対に他のヴィランズの子ども達がめっちゃ生き生きしてた。 イビィは得意の裁縫でみんなのドレスを作ったり、カルロスとジェイもオラドンの住人と上手くやってたし。 イビィ、カルロス、ジェイが凄く良いやつになってた。 マルは…紫の髪の毛がイメージにあるからブロンドがすごく違和感に感じちゃった。 実際のダブ・キャメロンはブロンドめっちゃ似合うんだけどね。 2.ロス…

続きを読む

【レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語】全体的に子ども向け

【作品情報】 題名:LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS ジャンル:ファンタジー 監督:ブラッド・シルバーリング 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:109分 【あらすじ】 ボードレール家の三人きょうだい、ヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)、クラウス(リアム・エイケン)、サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)は、ある日、砂浜で遊んでいると、自宅が全焼し、両親が亡くなった知らせを受ける。(シネマトゥデイより) 【感想】 小学生の時に呼んだ本が映画になるってことで、映画館に観に行った記憶がある。 本も小学生向けだったけど、内容もかなり小学生向けに作ってあった。 久しぶりに見て観たけど、大人になってから観るとかなり物足りなく感じてしまった。 「ハリーポッター」シリーズは大人が見てもめちゃくちゃ面白くてワクワク感が半端ないんだけど、この映画は子どもの頃に観た時に比べて全然ワクワク感が感じられなかった…。残念。 1.ボードレールさん兄弟孤児になる ボードレール家には3人の子どもがおり長女のヴァイオレットは天才発明家、クラウスは読書家で読んだ本の内容をすべて覚えている、末っ子のサニーは顎と歯が強く何でも齧ってしまう。 ある日、3人がビーチで遊んでいると家が火事になり両親が亡くなったという知らせが。 そして3人は遠い親戚であるオラフ伯爵の家で住む事になる。 オラフ伯爵の家は暗く不…

続きを読む

【スノーホワイト 氷の王国】壮絶な姉妹ケンカ…巻き込まれた人たちはたまったもんじゃない…

【作品情報】 題名:THE HUNTSMAN WINTER'S WAR ジャンル:ファンタジー 監督:セドリック・ニコラス=トロイアン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:114分 【あらすじ】 邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)は、ある悲しい出来事をきっかけに心を閉ざし、氷を自在に操る魔力に目覚める。そして姉の元を離れ、北の地で新たな氷の王国を築く。フレイヤは、さまざまな場所から集めてきた子供に対し、想像を絶する訓練を行い、軍隊を作り上げていった。そこで育った戦士のエリック(クリス・ヘムズワース)とサラ(ジェシカ・チャステイン)は、互いに惹(ひ)かれ合っていたが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 ざっくり言うと壮絶な姉妹ケンカだった。 姉が一番の悪。姉のせいで妹が歪んでいろんな人たちに迷惑をかけ、たくさんの人たちが死んで行っちゃった…って感じ。 ラヴェンナは救いようのない悪女だったけど、妹のフレイヤはすごく可哀そうな人だったな。だからって、子どもを拉致して最強の軍団を作るとか意味わかんないけどね。 題名に「スノーホワイト」って入っているけど肝心のスノーホワイトが一切出てこないのはどうかと思うなぁ。大人の事情でクリステン・スチュワートが出られなかったらしいけど。 スノーホワイトの名前は出てくるけどね。この映画は「スノーホワイト」の続編というより、半分スピンオフって感じだった。 1.ラヴェン…

続きを読む

【スノーホワイト】恋愛重視より戦闘重視の白雪姫

【作品情報】 題名:Snow White & the Huntsman ジャンル:ファンタジー 監督:ルパート・サンダース 製作国:アメリカ合衆国/イギリス 上映時間:127分 【あらすじ】 とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、一家で仲むつまじく生活していた。ところが、スノーホワイトが幼いころに王妃が事故によってこの世を去ってしまう。大きなショックを受けた王だったが、ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という美女に一目ぼれし、彼女を王妃として迎えることを決める。しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナによって殺されてしまい……。(シネマトゥデイより) 【感想】 原作の白雪姫は毒りんご食べて王子にキスされて目覚め、魔女は死んで幸せに王子と暮らしたって内容だけどこの実写映画は戦闘重視の格好良い白雪姫だった。 うっすら恋愛要素もあったけど、最後誰と結ばれるのか全然わからないままだし! まさかの王子ではなく狩人パターン。 でも正直王子より狩人とくっついて欲しいと思った。 オーソドックスな白雪姫も面白いけど戦闘重視のこの白雪姫もかなり面白かった。 1.謎の軍に攻め込まれ スノーホワイトの母でおる王妃が亡くなった後に謎の軍団に攻め込まれてしまう。 王国軍はなんとか勝利し捕虜を助けるが、その捕虜が絶背の美女ラヴェンナという女性で国王は一目ぼれしてその女性と結婚してしま…

続きを読む

【パンズ・ラビリンス】映像と曲が素敵な悲しいダークファンタジー

【作品情報】 題名:パンズ・ラビリンス 原題:El Laberinto del fauno ジャンル:ファンタジー 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間:119分 【あらすじ】 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り出す。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える。(シネマトゥデイより) 【感想】 内戦後のスペインに生きる女の子の物語で、めちゃくちゃ悲しい映画だった。 ファンタジーだけど幸せな気持ちにならない…。 ただ音楽と映像がすごく綺麗だった。 ラビリンスの番人のパンはかなり不気味というか気持ち悪い見た目だったけど。 試練で出てきた芽のない化け物もかなり気持ちわるかった…。 ファンタジーというよりもむしろホラーという感じでもあったかも。 1.母の再婚相手のもとで暮らし始めるオフェリア 内戦で父親を亡くしたオオフェリア。 母親は大尉のヴィダルの子どもを身ごもり再婚することになった。そしてオフェリアとともにヴィダルのもとで暮らすことに。 砦にやってきた夜、オフェリアの部屋に妖精が来て庭にある迷宮に案内された。 そして、そこの番人であるパンと出会う。パンはオフェリアは実…

続きを読む

【美女と野獣(2014)】アニメ版とは一味違うフランス版

【作品情報】 題名:LA BELLE ET LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST ジャンル:ファンタジー 監督:クリストフ・ガンズ 製作国:フランス 上映時間:113分 【あらすじ】 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣 【感想】 フランス版の美女と野獣。 アニメ版とは違うけど、こちらはこちらで面白かったと思う。 ただ私はディズニーの長編アニメの方がストーリー的には好きだけど。 野獣になってしまった理由とかもアニメの方が好き。 キャラクターもみんな家具やら食器になったりと個性が強くて面白かったけど、この映画ではビーグルが小人みたいになってお手伝いをしてくれるって言う設定に・・・。 ビーグルの姿がグレムリンみたいな感じで可愛いんだか気持ち悪いんだか分からない姿だったのも少し微妙な気がしてしまった。 ベルの母親は亡くなっていたけど、父親と3人の息子3人の娘の7人家族でめちゃくちゃ大家族だった。 なぜベルはすごく性格が良いのに他の兄弟はあんなに性格が悪くなるのか・・・。 こういう話では良くある設定だけど、いつも見ていて疑問に思っちゃうんだよね。 父…

続きを読む

【シンデレラ】ディズニーの長編アニメの良い所が全て凝縮されてた!

【作品情報】 原題:Cinderella ジャンル:ファンタジー 監督:ケネス・ブラナー 製作国:アメリカ 上映時間:1時間45分 【あらすじ】 貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会い、心惹(ひ)かれるが……。 【感想】 めちゃくちゃ良かった。 アニメの通りというと少し違うんだけど、こっちはこっちで完璧な仕上がりになってたと思う。 なんといってもシンデレラが変身するシーンが本当に素敵だった。 ピンクのドレスから蝶々があしらわれたブルーのドレスになり、ガラスの靴を履いたシンデレラすごく綺麗だった。 シンデレラのドレスだけじゃなくて継母のドレスも継母の娘たちのドレスも皆可愛かったりきれいで、衣装だけでもすごく楽しめる映画だった。 1.エラの父親の女性の趣味が・・・ エラと両親は幸せに暮らしていたんだけど、ある日母親が病気になり亡くなってしまう。 父親はエラを大切に育て、エラは優しく美しい女性に育って行った。 そして、…

続きを読む

スポンサーリンク