【ラ・ラ・ランド】大人でビターな恋愛ミュージカル映画

【作品情報】 題名:LA LA LAND ジャンル:ミュージカル 監督:デイミアン・チャゼル 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:128分 【あらすじ】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。(シネマトゥデイより) 【感想】 アカデミー賞にノミネートされてしかもノミネート最多ってことでめちゃくちゃ話題の映画。 友達もすごい絶賛していたから観に行ってみた。 歌のシーンとか本当に良かったけど、ラストの終わり方がすごくほろ苦い感じで大人な恋愛映画だなって思った。 夢をつかみ取ったけど、恋愛は手に入れる事が出来なかった的な…。 すごい深い終わり方だったなと思った。 けど、私がもし中学生・高校生の時にこの映画を観たらラストの終わり方に納得ができなかっただろうな…。 二人は成功して夢をかなえてそれなりに幸せな生活を送っているのはわかるんだけど、けどすごく切なかった。 1.やっぱり歌が良い 映画が始まった直後から始まるミュージカルシーン。 車が渋滞している状態で始まる歌とダンス。 歌う人がめまぐるしく変わっていって、ダンスも激しくなっていき映画の内容も分…

続きを読む

【イントゥ・ザ・ウッズ】内容はともかく俳優陣と歌はめちゃくちゃ豪華!

【作品情報】 原題:INTO THE WOODS ジャンル:ミュージカル 監督:ロブ・マーシャル 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:125分 【あらすじ】 魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。(シネマトゥデイより) 【感想】 大人のミュージカル映画というか「人生の深みを知ることができる物語」ってことで見たんだけど、私はやっぱりこういうファンタジー映画はハッピーエンドで終わってほしい。 まさかのラストで観終わった後しばらく呆然としちゃった…。 なぜあんな終わり方にした?なんでこのミュージカルがブロードウェイでロングランになったんだと?状態。 私の考えが子どもすぎるのか…。 考え方が大人な人が見ると深い良い映画になるのかなぁ… 1.有名なおとぎ話のその後のお話 主人公は魔女の呪いで不妊に悩むパン屋の夫婦。 魔女の呪いを解いて子どもを授かるために、”ミルクのように白い牛””赤い頭巾””黄色い毛””金色の靴”を探しに森へ出かけることになる。 呪いをかけた魔女がメリル・ストリープで歌が最高だった。 パン屋夫妻が必要としている物を持っているのが「ジャ…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク