【人狼ゲーム マッドランド】今までのシリーズの中で一番モヤモヤする内容だった

【作品情報】 題名:人狼ゲーム マッドランド ジャンル:ホラー 監督:綾部真弥 製作国:日本 上映時間:98分 【あらすじ】 気を失った小池萌(浅川梨奈)は、9人の高校生たちと一緒にバンに乗せられ、ある場所に連れて行かれる。そして、殺し合いの勝者に1億円が与えられる「人狼ゲーム」が始まる。参加者は、村人が用心棒と予言者の2人、人狼が1人に、狂人が7人という“狂人村”。狂人の生存条件は人狼の勝利で、村人が生き残るには多数決の投票だけが頼りだった。(シネマトゥデイより) 【感想】 人狼1人、村人側2人、狂人7人という設定で普通の人狼ゲームとはルールが逆になる今回の設定は凄く面白かった。けど、登場人物がクズ過ぎてなんとも言えない気分になりながらの鑑賞だった。 人狼が吊られれば狂人全員死亡するということで、人狼を名乗った奴が王様気取りでゲームを支配していく…。 この俺様な態度が本当に胸糞悪かった。 人狼ゲームシリーズでバーストサイドとかもう一度観たくなるのも結構あるんだけど、マッドランドはもう一度観たいとは思えないな…。 1.村人側がまさかの2人 今回の人狼ゲームは人狼1人、村人側2人、狂人が7人という狂人村。 と言うことは普通のゲームとはルールが逆になり投票では村人を吊ることになる。 そのため、まず人狼が名乗り出て村人を炙り出すために心理戦が繰り広げられていく。 人路宇多と名乗り出た男がまぁひどい・・・。 必ず毎晩一人殺すことに…

続きを読む

【青鬼2.0】青鬼の亜種が出現

【作品情報】 題名:青鬼2.0 ジャンル:ホラー 監督:前川英章 製作国:日本 上映時間:70分 【あらすじ】 ひろし(中川大志)と杏奈(平祐奈)は、いじめが原因で不登校を続ける同級生シュンの家を訪ねることにする。だが、二人はその途中で不思議な模様のチョウに誘われるように、怪物が出現するといううわさの“ジェイルハウス”に引き寄せられる。同じころ、シュンの不登校の元凶である卓郎(松島庄汰)たち三人も肝試しの実況動画制作のため屋敷に入っていく。(シネマトゥデイより) 【感想】 今回は前作の続編というよりもバージョンアップって感じ。 登場人物も役者は違うけど全員同じだし。 ただ前作は杏奈とシュンが主人公だったけど、今回はヒロシが主人公。 最後までクズだった卓郎が今作では改心し良い奴になっていたり、展開が練られていて前作より断然「青鬼2.0」の方が面白かった。 1.登場人物は前作と一緒 卓郎…ヤンキーで過去にいじめをしていた同級生が自殺した。 タケシ…卓郎の仲間。同じくいじめを一緒にしていて同級生を自殺に追いやった。 美香…卓郎の彼女。いじめに加担。 ひろし…虫に興味をもつマイペースな男子高校生。 シュン…卓郎たちにいじめを受け不登校に。家でゲームを作っている。 杏奈…いじめられているシュンを気にかけ家まで様子を観に行く委員長。 登場人物は一緒だけど、この中で廃屋である“ジェイルハウス”に入るのは卓郎、タケシ、美香、ひろし…

続きを読む

【青鬼】B級の邦画ホラーはこんなもん

【作品情報】 題名:青鬼 ジャンル:ホラー 監督:小林大介 製作国:日本 上映時間:70分 【あらすじ】 転校生のシュン(須賀健太)はクラスに溶け込むことができずにいたが、ある日、化け物が出ると評判のジェイルハウスの前で同級生と会い、その不思議な洋館に入ってしまう。窓からのぞき込む不気味な目玉など異様な光景に恐怖を感じた彼女らは玄関から外に出ようとするものの、扉は開かない。そして、巨大な青い影が彼女たちに迫っており……。(シネマトゥデイより) 【感想】 かなり前に話題になったゲームの“青鬼”を映画化ということで興味本位で見て観た。 ブルーベリー色をした巨人が高校生たちを襲っていくと言うホラー映画。 まぁ邦画のB級ホラー映画っていったらこんなもんだよねって感じの出来。 ゲームの青鬼もビジュアルが衝撃的なんだけど、実写でやるとさらにキモイ。 気持ち悪さにリアルさがプラスされて破壊力半端なかった。 グロさを出して怖さを出そうと頑張ってたけど、やっぱあんまり怖いと思えなかった。 1.廃墟に閉じ込められた高校生たち 廃屋に閉じ込められる高校生は男女6人。 普通の女子高生の杏奈 いじめられっ子のシュン いじめ主犯の卓郎 卓郎の子分タケシ 卓郎の彼女美香 昆虫好きのヒロシ なんでヒロシが加わったのかは謎…。 卓郎たちは肝試しということで化け物が出ると噂の廃屋へ肝試しに。 卓郎は肝試しのほかにでかい段ボールを廃屋の中に置いて…

続きを読む

【オーメン】人気シリーズのリメイク版

【作品情報】 原題:The Omen ジャンル:ホラー 監督:ジョン・ムーア 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:110分 【あらすじ】 ロバート(リーヴ・シュレイバー)とキャサリン(ジュリア・スタイルズ)のソーン夫妻は、6月6日午前6時に生まれた母親不明の赤ん坊を引き取り、ダミアンと名づけ我が子同然に育てる。しかし、成長したダミアン(ショーン・フィッツパトリック)の周囲で異常な出来事が起き始め、キャサリンが不可解な事故で重症を負ったことから、ロバートはダミアンに不信感を抱き始める。(シネマトゥデイ) 【感想】 リメイクとして公開された「オーメン」。 めちゃくちゃ面白かった。ダミアン自体が何かするというわけじゃないんだけど、ダミアンの子守の女性がダミアンの為にと叫びながら首つり自殺したり、不気味な女性が代わりの子守としてやってきたり…。 ダミアンの周りでおかしなことが立て続けに起こり、死人も次々と増えて行く…。 幽霊的な怖さとかはあまりないんだけど、最初から最後まで悪魔の力が働いていてめちゃくちゃ怖い映画だった。 1.外交官ロバートとケイトの息子 アメリカの外交官ロバートには妻ケイトがいて出産を間近に控えていた。 ローマで出産をしたケイトだったが、そこでロバートは息子が死産だったと神父から聞かされる。 死産でも息子の姿を観たいと言うロバートだったが神父に見ない方が良いと言われ、さらに出産の際に母親が亡くなってしまった男の子を代わ…

続きを読む

【REC/レック4 ワールドエンド】2作目の次は3作目を飛ばしてこれを見るべき

【作品情報】 題名:[REC] 4: APOCALYPSE ジャンル:ホラー 監督:ジャウマ・バラゲロ 製作国:スペイン 上映時間:95分 【あらすじ】 テレビリポーターのアンヘラ(マヌエラ・ベラスコ)は、スペイン・バルセロナのアパートで発生した謎のウイルス流出事件の唯一の生存者だった。彼女が意識を取り戻すと、病室のような場所で手を拘束された状態で多数の医師に囲まれていた。恐怖を覚え、アンヘラは無我夢中で逃亡を図るが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 【REC/レック】シリーズの最終章。 3作目はとりあえずなかった事にして…。 こっちが本当の続編って感じ。今回もアンヘラ出てくるし。 1作目・2作目は閉鎖されたアパートで感染者が増殖、今作は船の上というどこにも逃げることができない場所にチェンジ。 今回は最初からPOV方式ではなく普通の映画になってた。まぁ、今回の設定上カメラを持っていたりしたら変だからね…。 1.感染した猿が脱走 この船の中でワクチンを作る研究がされており、感染した猿も船の中で飼われていた。 しかし、船が停電になった時に感染した猿が脱走しコックに襲いかかり感染してしまう。 作成したワクチンをコックに注射したが効果がなく、ワクチンの原料となった少女の血液が変異してしまった為だと医師は考えた。 そのため、アンヘラの中に悪魔の寄生体がいるとカメラで確認した医師はアンヘラから寄生体を取り出そうとする。が、すでにア…

続きを読む

【REC/レック3 ジェネシス】レックの続編ではない…全くの別物

【作品情報】 題名:REC3 GENESIS ジャンル:ホラー 監督:パコ・プラサ 製作国:スペイン 上映時間:80分 【あらすじ】 その日、コルド(ディエゴ・マルティン)とクララ(レティシア・ドレラ)はバルセロナの結婚式場で永遠の愛を誓い合う。新郎の従弟(アレックス・モネール)はビデオカメラを回し、参列者たちの姿を撮っていた。やがてカメラは一族きっての明るい性格の叔父ペペが、病院で犬にかまれたという、彼の右手に巻かれた包帯を映し出す。(シネマトゥデイより) 【感想】 おいコラ【REC/レック】はどこ行った?と言いたくなるような内容…。 【REC/レック】という題名と少しだけ設定を借りて好き放題めちゃくちゃに作った感じ。 てか、この作品を作る上でGOサインを出した人間連れて来いと言いたくなるぐらい酷い映画だった。 最初はホラーなんだけど、コメディチックな演出もあるし、終盤から質の悪いスプラッター要素も入ってくるし全てにおいて中途半端。 しかも途中からPOVそっちのけで普通の映画になっていったし、本当何をしたかったのかマジで不明だった。 結果、この映画は観なくて良し。【REC/レック】シリーズを見たかったらこの作品を飛ばして4作目を観るべし。 1.舞台は何故か結婚式 設定としてはアパートが封鎖された人同日と言う事になっていた。 新郎コルドと新婦クララの結婚式が行われ、親族友人などが大勢集まっていた。 結婚式と言うだけにカメラ…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク