【美女と野獣(2017)】アニメを何倍もグレードアップさせた最高の映画

【作品情報】 題名:BEAUTY AND THE BEAST ジャンル:ファンタジー 監督:ビル・コンドン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:130分 【あらすじ】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。(シネマトゥデイより) 【感想】 ほぼディズニーアニメの「美女と野獣」と同じストーリー展開だけど、何倍もグレードアップしていて凄い良かった。内容も少しづつ付け足されて新しい歌もありつつ、でも違和感ないというか全体的にクオリティが高く仕上がっていてディズニーアニメが好きな人はもちろん、見たことない人も十分楽しめる作品だった。 1.始まりからアニメのまんま! 映画の始まりからアニメと同じ展開でかなりテンションが上がった。 とは言っても、見目麗しい王子が華やかな舞踏会をしていて、そこに老婆がやって来るという展開でちょっとずつ違うんだけど、使用する曲とか話の流れは全く一緒だからディズニーアニメの方を知っている自分にとってはとてもワクワクする始まり方だった。 その後もアニメで使用された曲が次々と出てき…

続きを読む

【ディセンダント2】マリッジブルーのお話

【作品情報】 題名:DESCENDANTS 2 ジャンル:ファンタジー 監督:ケニー・オルテガ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:115分 【感想】 ディズニーチャンネルで製作された「ディセンダント」の続編。 子ども向けだけど、歌は上手いし手が込んでるセットで大人も十分楽しめる作品だった。 オラドン合衆国で暮らすようになり、心を入れ替えたヴィランズの子ども4人。 この4人のうち誰かが悪の道に走るのかなぁと思ってたけど違ってホッとした。 他のディズニーキャラクターの子ども達が次々と出てきてすごく面白かった。 1.王子と婚約したマル ついにマルとベン王子が婚約。 高校では一気にお祝いムードで舞踏会ぎ開かれることに。 マルは髪の色を紫からブロンドに変えて王家に釣り合うよう日々努力の日々…だけど、プレッシャーが半端なくてマリッジブルー気味。 今だに魔法の本の力を使っていることがベンにバレて喧嘩をしマルはロスト島へ戻ってしまう。 プレッシャーに押しつぶされそうになっているマルとは反対に他のヴィランズの子ども達がめっちゃ生き生きしてた。 イビィは得意の裁縫でみんなのドレスを作ったり、カルロスとジェイもオラドンの住人と上手くやってたし。 イビィ、カルロス、ジェイが凄く良いやつになってた。 マルは…紫の髪の毛がイメージにあるからブロンドがすごく違和感に感じちゃった。 実際のダブ・キャメロンはブロンドめっちゃ似合うんだけどね。 2.ロス…

続きを読む

【レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語】全体的に子ども向け

【作品情報】 題名:LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS ジャンル:ファンタジー 監督:ブラッド・シルバーリング 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:109分 【あらすじ】 ボードレール家の三人きょうだい、ヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)、クラウス(リアム・エイケン)、サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)は、ある日、砂浜で遊んでいると、自宅が全焼し、両親が亡くなった知らせを受ける。(シネマトゥデイより) 【感想】 小学生の時に呼んだ本が映画になるってことで、映画館に観に行った記憶がある。 本も小学生向けだったけど、内容もかなり小学生向けに作ってあった。 久しぶりに見て観たけど、大人になってから観るとかなり物足りなく感じてしまった。 「ハリーポッター」シリーズは大人が見てもめちゃくちゃ面白くてワクワク感が半端ないんだけど、この映画は子どもの頃に観た時に比べて全然ワクワク感が感じられなかった…。残念。 1.ボードレールさん兄弟孤児になる ボードレール家には3人の子どもがおり長女のヴァイオレットは天才発明家、クラウスは読書家で読んだ本の内容をすべて覚えている、末っ子のサニーは顎と歯が強く何でも齧ってしまう。 ある日、3人がビーチで遊んでいると家が火事になり両親が亡くなったという知らせが。 そして3人は遠い親戚であるオラフ伯爵の家で住む事になる。 オラフ伯爵の家は暗く不…

続きを読む

【スノーホワイト 氷の王国】壮絶な姉妹ケンカ…巻き込まれた人たちはたまったもんじゃない…

【作品情報】 題名:THE HUNTSMAN WINTER'S WAR ジャンル:ファンタジー 監督:セドリック・ニコラス=トロイアン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:114分 【あらすじ】 邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)は、ある悲しい出来事をきっかけに心を閉ざし、氷を自在に操る魔力に目覚める。そして姉の元を離れ、北の地で新たな氷の王国を築く。フレイヤは、さまざまな場所から集めてきた子供に対し、想像を絶する訓練を行い、軍隊を作り上げていった。そこで育った戦士のエリック(クリス・ヘムズワース)とサラ(ジェシカ・チャステイン)は、互いに惹(ひ)かれ合っていたが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 ざっくり言うと壮絶な姉妹ケンカだった。 姉が一番の悪。姉のせいで妹が歪んでいろんな人たちに迷惑をかけ、たくさんの人たちが死んで行っちゃった…って感じ。 ラヴェンナは救いようのない悪女だったけど、妹のフレイヤはすごく可哀そうな人だったな。だからって、子どもを拉致して最強の軍団を作るとか意味わかんないけどね。 題名に「スノーホワイト」って入っているけど肝心のスノーホワイトが一切出てこないのはどうかと思うなぁ。大人の事情でクリステン・スチュワートが出られなかったらしいけど。 スノーホワイトの名前は出てくるけどね。この映画は「スノーホワイト」の続編というより、半分スピンオフって感じだった。 1.ラヴェン…

続きを読む

【スノーホワイト】恋愛重視より戦闘重視の白雪姫

【作品情報】 題名:Snow White & the Huntsman ジャンル:ファンタジー 監督:ルパート・サンダース 製作国:アメリカ合衆国/イギリス 上映時間:127分 【あらすじ】 とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、一家で仲むつまじく生活していた。ところが、スノーホワイトが幼いころに王妃が事故によってこの世を去ってしまう。大きなショックを受けた王だったが、ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という美女に一目ぼれし、彼女を王妃として迎えることを決める。しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナによって殺されてしまい……。(シネマトゥデイより) 【感想】 原作の白雪姫は毒りんご食べて王子にキスされて目覚め、魔女は死んで幸せに王子と暮らしたって内容だけどこの実写映画は戦闘重視の格好良い白雪姫だった。 うっすら恋愛要素もあったけど、最後誰と結ばれるのか全然わからないままだし! まさかの王子ではなく狩人パターン。 でも正直王子より狩人とくっついて欲しいと思った。 オーソドックスな白雪姫も面白いけど戦闘重視のこの白雪姫もかなり面白かった。 1.謎の軍に攻め込まれ スノーホワイトの母でおる王妃が亡くなった後に謎の軍団に攻め込まれてしまう。 王国軍はなんとか勝利し捕虜を助けるが、その捕虜が絶背の美女ラヴェンナという女性で国王は一目ぼれしてその女性と結婚してしま…

続きを読む

【パンズ・ラビリンス】映像と曲が素敵な悲しいダークファンタジー

【作品情報】 題名:パンズ・ラビリンス 原題:El Laberinto del fauno ジャンル:ファンタジー 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間:119分 【あらすじ】 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り出す。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える。(シネマトゥデイより) 【感想】 内戦後のスペインに生きる女の子の物語で、めちゃくちゃ悲しい映画だった。 ファンタジーだけど幸せな気持ちにならない…。 ただ音楽と映像がすごく綺麗だった。 ラビリンスの番人のパンはかなり不気味というか気持ち悪い見た目だったけど。 試練で出てきた芽のない化け物もかなり気持ちわるかった…。 ファンタジーというよりもむしろホラーという感じでもあったかも。 1.母の再婚相手のもとで暮らし始めるオフェリア 内戦で父親を亡くしたオオフェリア。 母親は大尉のヴィダルの子どもを身ごもり再婚することになった。そしてオフェリアとともにヴィダルのもとで暮らすことに。 砦にやってきた夜、オフェリアの部屋に妖精が来て庭にある迷宮に案内された。 そして、そこの番人であるパンと出会う。パンはオフェリアは実…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク