【怒り】登場人物それぞれの怒りが交錯する複雑な映画

【作品情報】 題名:怒り ジャンル:サスペンス 監督:李相日 製作国:日本 上映時間:141分 【あらすじ】 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 重い映画だったー。特に沖縄編が・・・。 千葉編は何だかんだで最後に救いがあったから良かったけど、東京編は悲しい結末だったし沖縄編はもうやるせないというかなんというか・・・。 八王子で起きた殺人事件の犯人加も知れない3人の男とそれを取り巻く環境が複雑に絡み合っていてサスペンスとしても面白かったし、人間模様も複雑で最後まで目の離せない映画だった。 1.千葉編 港町に住む洋平には一人娘がおり、娘の愛子は家出をして歌舞伎町で風俗嬢をしていた。 愛子は洋平に千葉にある自宅に連れ戻されて平和な日常を送り始める。 そこで愛子は父親の元で働き始めたアルバイトの田代と知り合い、次第に二人は引かれていくが八王子の事件の犯人のモンタージュ写真がテレビで公開されたことによって田代とその周辺の人間たちの関係が変わり始めてしまう・・・。 愛子と田…

続きを読む

【サンクタム】内容はともかく洞窟内の映像は凄く綺麗

【作品情報】 題名:Sanctum ジャンル:サスペンス 監督:アリスター・グリアソン 製作国:オーストラリア/アメリカ合衆国 上映時間:109分 【あらすじ】 南太平洋にぽつりと浮かぶ島にある、熱帯雨林の奥地に広がる洞くつ。その地は、人が足を踏み入れてはいけない聖域(サンクタム)の様相を呈していた。そんな洞くつの謎に挑もうと探検隊がダイビングによる調査を試みるが、巨大なサイクロンが襲い掛かり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 映画の最初に「実話を基にしたストーリー」的な事が書かれているんだけど、見終わった後にほぼフィクションじゃねーかとツッコミを入れてしまう内容だった。 映画の原案者が洞窟探検家で実際に洞窟に閉じ込められたらしいけど全員無事に救出されてるらしいし。 登場人物もストーリーもフィクションだから、この映画は実話を基にしたって言わない方がいいんじゃないかと思う…。 1.洞窟探検 誰も足を踏み入れたことの無い洞窟の探検をする探検隊。 大金を使ってさらに精密機器もたくさん使って探検をしているんだけど、どうも準備不足だよねって感じ。 巨大なサイクロンが来ているのに避難せずに洞窟内に残ったり、洞窟探検初心者の女性を洞窟内に安易に入れたり。ベテランの洞窟探検家とかある程度経験を積んでいる人間が現場にいるのに危険回避の行動が全然できてなくて"う~ん"って思った。 ただ、洞窟内の映像がすごく綺麗。深い青色をしていて幻想的。内容…

続きを読む

【海底47m】海底に閉じ込められた姉妹の脱出劇

【作品情報】 題名:47 METERS DOWN ジャンル:サスペンス 監督:ヨハネス・ロバーツ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:90分 【あらすじ】 メキシコで休暇を楽しむ姉妹のリサ(マンディ・ムーア)とケイト(クレア・ホルト)は、「シャーク・ケージ・ダイビング」という方法で、海の中にあるおりの中から野生のサメを見ることにする。サメの迫力に興奮する中、突如ワイヤーが切れおりは水深47メートルの海底まで落下してしまう。無線は届かず、ボンベの酸素もそう長くはもたない極限状態で、姉妹はおりを囲む人食いザメにおびえながらも生還を目指す。(シネマトゥデイより) 【感想】 90分と短い映画だけど、次々にトラブルが起こり絶体絶命の状況が続くからあっという間に見られる映画だった。最初はサメに襲われるパニック映画かなと思ってたんだけど、それだけじゃなくてボンベの空気の残量だとか潜水病、窒素の幻覚とかパニックに陥る要素がたくさんあって面白かった。 ただ、こういうパニック映画は本当に女性がヒステリックになるから少しだけだけどゲンナリしちゃう・・・。 今回は主人公が二人姉妹なんだけど、姉のパニック具合がちょっと過剰すぎてうるさかった。 1.美人姉妹ケージダイビングをする メキシコへ旅行に来た美人姉妹のリサとケイト。 二人は地元の若い男性と仲良くなりサメを間近で見ることができるケージダイビングに誘われる。 サメを海の中から見ることに恐怖を感じたリサは…

続きを読む

【ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer】ドラマを観てからじゃないと良く分からないかも…

【作品情報】 題名:ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer ジャンル:サスペンス 監督:堤幸彦 製作国:日本 上映時間:119分 【あらすじ】 カルト的人気を博したTVドラマシリーズの劇場版。迷宮入りした未解決事件の継続(ケイゾク)捜査を専門とする警視庁捜査一課・弐係を舞台に、ちょとトボけた東大出の研修生・柴田純が難事件を解決してゆく様を描く。断片的な映像を連打したようなライブ感、斬新なカットの積み重ねによるグルーヴ感など、TVドラマ界の鬼才として知られる堤幸彦監督の手腕が冴える秀作。また、個性豊かな登場人物たちや独特のユーモアといった従来の魅力はもちろん、TVシリーズで残された主人公たちのトラウマも明らかに。中谷美紀、渡部篤郎、鈴木沙里奈、泉谷しげる、竜雷太共演。ある日、弐係に一通のパーティ招待状が届く。それは15年前に沈没した豪華客船の生存者たちにも届けられていた。彼らとともに、会場である厄神島へと向かう真山と柴田。しかし招待客たちは絶海の孤島で、ひとりまたひとりと姿を消してゆく……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 ケイゾクのドラマシリーズを観てたから何となく映画も見てみた…。けどやっぱり良く分からない…。 ちょっと、内輪で進めて観客は置いてけぼり感が結構あったと思う。 話の軸になるサスペンスは面白いんだけど朝倉が出現するあたりから、世界観が一変して良く分からなくなっちゃうし…。 ドラマも結構独特な雰囲気があったけ…

続きを読む

【黒執事】漫画と別ものと考えれば全然アリかも

【作品情報】 題名:黒執事 ジャンル:サスペンス 監督:大谷健太郎/さとうけいいち 製作国:日本 上映時間:119分 【あらすじ】 女性だということを秘密にしている幻蜂家当主の幻蜂清玄伯爵(剛力彩芽)と執事のセバスチャン(水嶋ヒロ)は、絶対的な主従関係にあった。一方、二人は世界統一を目標にする女王の諜報(ちょうほう)員「女王の番犬」という役割も担っていた。ある日、女王から連続殺人事件を解決せよという命が下る。また、並行して少女たちが街から消えるという出来事も起こる。セバスチャンは、二つの事件に結び付く手掛かりを発見するが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 原作の黒執事を期待して観ると絶対がっかりすると思う。 別の作品として観る分には全然アリだったけど。 両親の敵を討つために悪魔と契約して女王の番犬になるっていう軸の部分は同じだったけど、主人公のシエルが実は女だったり設定を日本にするために名前を変えたり…。 原作ファンにはあまり受け入れられなさそうだなぁと思いながら観てたけど、私は普通に面白かった。 サスペンスとしても結構良かったと思うし。 1.女王の番犬幻蜂清玄 名門貴族である幻蜂家の領主は清玄という少年で裏稼業で女王の番犬として裏稼業もしていた。 清玄の両親は謎の組織に殺され、清玄は敵を討つために悪魔であるセバスチャンと契約を結び女王の番犬として動きつつ両親を殺した組織を追っていた。 そんな時に大使館員がミイラ化する事…

続きを読む

【アシュラ】そして誰もいなくなった系のバイオレンス映画

【作品情報】 題名:ASURA: THE CITY OF MADNESS ジャンル:サスペンス 監督:キム・ソンス 製作国:韓国 上映時間:133分 【あらすじ】 アンナム市の市長という立場を利用し、利権をむさぼろうと犯罪を繰り返すパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、末期ガンに侵された妻の治療費稼ぎを理由にその処理を請け負っていた。市長検挙に燃える検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、彼を脅迫して捜査への協力を迫る。市長と検事たちの間に立たされたドギョンだが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 刑事のドギョンが悪徳市長と市長を検挙しようとする検事に板ばさみになりどうしようもなくなるっていうストーリー。 ドギョンは妻の治療費を稼ぐために市長につくしかなかったんだけど、ドギョンは検察にも脅されて市長をスパイしろと言われ…。 市長のソンべが本当に嫌な奴で実の兄ですら政治の道具に使い、使えなくなったら切ってしまうという…。 最後は誰も幸せにならない胸糞悪い映画だった。面白かったけどね。 1.ドギョン先輩刑事を死なせてしまう ドギョン刑事でありながら市長の命によって市長が行った犯罪行為の後処理をする犯罪に手を染めていた。 その際、先輩の刑事と口論になりドギョンは先輩刑事を死なせてしまう。 その場にいた麻薬中毒者でドギョンが駒として使っていた男に…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク