【未来のミライ】酷評されてたけどそこまで酷くなかった

【作品情報】 題名:MIRAI ジャンル:アニメ 監督:細田守 製作国:日本 上映時間:98分 【あらすじ】 小さい木が立つ庭のある家に住む、4歳で甘えん坊のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に対する両親の様子に困惑していた。ある日、くんちゃんはセーラー服姿の女の子と出会う。彼女は、未来からやってきた自分の妹で……。(シネマトゥデイより) 【感想】 見る前にレビューを読んじゃって、かなり評価が低くてかなり酷評されてたからどうかなーと思ってたけど言うほど悪くなかったと思う。 ただ、4歳児と生まれたばかりの子どもがいる家であの間取りの家はどうなんだろう…。 スタイリッシュだけど全然住みたいとは思えないあの家。 話には全然関係ないんだけど階段ばっかりで子どもにはかなり危険な家で気になっちゃった。 あと、声がなー全然子どもの声じゃない…。 ちゃんとキャラクターにあった人を起用して欲しい…。 くんちゃんの声が違和感ありまくり。話題の為に人気の女優さん起用しないといけないのかもしれないけどもうちょっと考えて欲しい。 くんちゃんが未来から来たミライちゃんと会い、お雛様片付けて作戦をしたり、若い頃のおじいちゃんに会ったり、高校生のくんちゃんに会ったり、未来の東京駅に行ったりして成長していく過程は普通に面白かった。 すごい面白かったもう一度見たいとはならなかったけどやっぱり細田守は映像がとても綺麗だからそれだけでも見る価値はあったかなとは思う。 …

続きを読む

【耳をすませば】青春映画といえばコレ

【作品情報】 題名:WHISPER OF THE HEART ジャンル:アニメ 監督:近藤喜文 製作国:日本 上映時間:111分 【あらすじ】 宮崎駿がプロデュース、「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。思春期の不安や、複雑な乙女心、将来への不安と憧れなど、恋愛ストーリーの定番的要素を瑞々しい人間ドラマとして昇華。劇中劇として登場する、『イバラード博物誌』の井上直久が手掛けた幻想的な美術も素晴らしい。本が大好きな中学生の少女・雫。彼女はある時、図書カードに何度も連ねられた男子の名を見つける。その男子・天沢聖司の名に、淡い恋心を抱く雫。だが実際の天沢は、ぶしつけで粗野なヤツだった・・・。(allcinema ONLINEより) 【感想】 甘酸っぱい青春映画の代表といえばこの映画しかないと思う。 小学生の時に観た時はこんな恋愛憧れるなぁとか思いながら観てたけど、大人になってから観るとかなり甘酸っぱい。 観ていてニヤニヤしちゃったり、むず痒い気分になったり…。 ラストのシーンとか破壊力が抜群だと思う。 1.本がきっかけでで会う雫と聖司 図書館の貸出カードに書かれている名前が気になって、そこから恋が始まるなんてめちゃくちゃ憧れる!と小学生の時に観て思ったけど大人になってから改めて見るとそんなものは幻想でしかないと悲しくなるわ…。…

続きを読む

【言の葉の庭】新緑と雨の繊細な絵に目が奪われる

【作品情報】 題名:言の葉の庭 ジャンル:アニメ 監督:新海誠 製作国:日本 上映時間:45分 【あらすじ】 靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。(シネマトゥデイより) 【感想】 45分と短いながら見応えのあるアニメだった。 とにかく緑が綺麗。新海誠監督といえば青色のアニメが多いなってイメージなんだけどこの映画は緑が印象的。 「君の名は。」の星空の映像もかなり綺麗なんだけど、私はこっちの新緑の映像が好き。 短い映画だからすぐに見られるし、映像だけでも楽しめるからオススメ。 1.雨の日に学校をサボるタカオ タカオは靴職人を目指す15歳の高校生。 タカオは雨の日になると学校をサボって公園にある東屋で靴のデザインをスケッチしていた。そんなある日、雨の日にいつものように公園でデッサンをしようとしてユキノという女性と出会う。 ユキノは昼間っからチョコをつまみにビールを飲んでいた。 そんなタカオとユキノは雨の日の午前中だけ会うようになり次第に惹かれあって行く。 タカオが練習のためにユキノの足のサイズを測ったり、お弁当を食べるようになったり、ユキノが自分の正体を…

続きを読む

【もののけ姫】森を切り開き森の動物たちを追いやった人間たちの末路

【作品情報】 題名:PRINCESS MONONOKE ジャンル:アニメ 監督:宮崎駿 製作国:日本 上映時間:135分 【あらすじ】 自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった。山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 小学校低学年頃にこの映画は映画館に行って見たんだけど、当時は怖かった記憶がある。 たくさんの生き物が人間との戦いで死んでしまうのもし、人間もたくさん死んでいくから当時の自分は直視できなかった。 特にアシタカが放った矢が人の首を刎ねたり、両腕を切断してしまうシーンは衝撃が強すぎた。 小学校低学年には早いと思うけど、高学年ぐらいになったらこな映画は見るべきだとは思う。 自然な事を考えず人間たちの利便さだけを考えて生きていくとどうなるのか、山を追われた動物たちがどうなってしまうのかとても考えさせる映画だった。 1.人間と動…

続きを読む

【ハウルの動く城】ジブリアニメの中で一番難しいアニメかもしれない

【作品情報】 題名:HOWL'S MOVING CASTLE ジャンル:アニメ 監督:宮崎駿 製作国:日本 上映時間:119分 【あらすじ】 父親の帽子店で日々、帽子を作りつづけていた18歳のソフィーは、ある日、荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆になってしまった。ソフィーはハンサムだが弱虫な魔法使いハウルと出会い、奇妙な共同生活を始める(シネマトゥデイより) 【感想】 ハウルの動く城はいろいろと考え始めると難しいと言うか解説を読まないとよくわからない部分が結構あるなと思う。そういう部分をすべてぶっ飛ばしてみてもおもしろいけど。 深い部分に踏み込まなくても十分面白い映画だと思う。 子ども向けと言うよりかは大人向けのアニメかなと思う。 1.帽子屋のソフィー 父親の帽子屋を継いでいるソフィーは地味で堅実な若い女性。 帽子屋のスタッフとか妹、母親は今時というか派手なんだけどソフィーだけは暗い色の服を着てすごく地味。 そんなソフィーがハウルと出合ったことで荒地の魔女に目を付けられて老婆になる呪いをかけられてしまう。 帽子屋に要られないと思ったソフィーはハウルの元へ行き呪いを解いてもらうため掃除不としてお城に居座ることにする。 見た目だけ老婆になるのかなと思いきや中身までおばあさんになってた。 控えめで主張しない女性だったのに、気が強いというかちょっと強引な感じ。 ハウルと弟子のマルクル、火の悪魔のカルシファーと一緒に暮らしてい…

続きを読む

【夜は短し歩けよ乙女】途中からミュージカル映画に・・・

【作品情報】 題名:夜は短し歩けよ乙女 ジャンル:アニメ 監督:湯浅政明 製作国:日本 上映時間:92分 【あらすじ】 クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。(シネマトゥデイより) 【感想】 黒髪の乙女と先輩の恋の行方の物語。 最初はクラブのOGの結婚式、次に京都の町を飲み歩き、春の先斗町の古本市、秋の学園祭と季節はめぐっていく。 でもこの一連の出来事が一夜にして起きたことらしくすごく不思議なアニメだった。 「四畳半神話大系」の原作者と監督がタッグを組んで作られたアニメだけあってキャラクターが被っていたり色々とつながっていたりと「四畳半神話大系」を知っている分さらに楽しめる映画になってた。 あと、「夜明け告げるルーのうた」のキャラクターが出てい他の荷も気がついてちょっとテンション上がった。 1.結婚式からの飲み歩き 季節は春、クラブのOGの結婚式に出席した先輩と黒髪の乙女。 黒髪の乙女は酒が飲み足りないと結婚式のあと二次会には参加せずに京都の町を練り歩く。 バーに入ったり詭弁論部の飲み会に潜入してただ酒を飲んだり。 バーで出会った樋口と羽貫という二人組みに色々な場所に連れて行っても…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク