【ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝】エジプトの次はなぜか中国

【作品情報】 題名:The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor ジャンル:アドベンチャー 監督:ロブ・コーエン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:112分 【あらすじ】 “シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するため、外務省の依頼で上海にやって来たリック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)は、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックス(ルーク・フォード)と再会。そんな中、アレックスの発掘した皇帝のミイラが生き返る事件が発生する。(シネマトゥデイより) 【感想】 舞台がエジプトから急に中国になった事に少しの違和感。 息子のアレックスが中国の遺跡発掘をしている設定だから別に矛盾はないけど…。 そして、エブリン役が変わっちゃったのも残念…。 最初はもう少し似ている女優にすればよかったのにって思いながら観てたけど、観ていくうちに違和感薄れて行ったけどね。 2008年公開の映画だから1作目・2作目よりもアクションがハード。しかもCGてんこ盛りで派手な映画だった。 めちゃくちゃだけど嫌いじゃないかな。 1.アレックス皇帝の墓を暴く リックとエブリンは第二次世界大戦が終わった後ロンドンで幸せだけど退屈な余生を過ごしていた。 そんな時、二人は外務省からブルーダイヤを上海の博物館へ戻しに行くと言う仕事を任されることに。 息子のアレックスは大学に行かずに中国で皇帝の墓の発掘調…

続きを読む

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド】小生意気な息子登場

【作品情報】 題名:The Mummy Returns ジャンル:アドベンチャー 監督:スティーヴン・ソマーズ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:130分 【あらすじ】 死者の都ハムナプトラから生還して8年が過ぎ、リック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(レイチェル・ワイズ)にも平和な暮らしが戻っていた。だがある日、遺跡を発掘していた2人は不思議なブレスレットを見つける。(シネマトゥデイより) 【感想】  前作から8年がたちリックとエブリンの息子が登場。 この息子アレックスのキャラがめっちゃ良い。 周りにいたら生意気でむかつくだろうけど、見てる分には面白くて好き。 敵のロック・ナーとのやり取りも好き。 脅されても怒鳴られても飄々としているアレックスにイライラしっぱなしのロック・ナー。 悪役だけどロック・ナーが可愛く見えてきちゃうから不思議。 今回も好きなキャラが登場しまくっていて前作よりこっちの方が好きかも知れない。 1.イムホテップ今回はあっさり復活 前作は復活してしまったイムホテップをどうにかこうにか封印するってストーリーだったけど、今作はあっさりイムホテップが復活。しかも、今回はすでにアナクスナムン(アナクスナムンの生まれ変わりで名前はミラ)もいてなんだかややこしいことに…。 大英博物館の館長であるハフェズが世界征服をするためにイムホテップを復活させて、さらに「アヌビスの軍隊」を手に入れようとする。 それに巻き込…

続きを読む

【ハムナプトラ/失われた砂漠の都】エジプト発掘アドベンチャー

【作品情報】 題名:The Mummy ジャンル:アドベンチャー 監督: スティーブン・ソマーズ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:124分 【あらすじ】 紀元前1290年、国王の愛人と禁断の恋に落ちた高僧イムホテップは、死者の都ハムナプトラで生きたままミイラ化されるという究極の刑“ホムダイ”に処される。彼の怨念は再びその棺が開けられる時まで、神殿の地中深く眠ることになったのだ……。それから3000年の月日が流れた今、伝説と化したハムナプトラを目指す人々の姿があった。ある者は古代エジプトの秘宝のため、ある者は学術的調査のために、この失われた砂漠の都に向かっていたのだ。だが彼らは知らない。そこに悪鬼と化したイムホテップが眠る事を。そして3000年の呪いが解き放たれた時、エジプトは10の災いと共に魔都と化すのであった……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 少し子ども向けにしたインディ・ジョーンズって感じ。 でも十分面白かったしハラハラドキドキする映画だった。 登場人物も良いキャラしてたし。 エジプトを題材にしているのもロマンがあって良いよね。 1.ハムナプトラ発掘へ ハムナプトラの発掘をするためカイロ博物館に勤務するエブリンとその兄ジョナサンは外国人部隊にいたオコーネルに案内役を依頼する。 ハムナプトラへ向かう途中にアメリカ人発掘部隊と遭遇し、どちらが発掘をするか敵対したり謎の組織に襲撃されたりとトラブル多発。 …

続きを読む

【グーニーズ】こんな冒険憧れた

【作品情報】 題名:THE GOONIES ジャンル:アドベンチャー 監督:リチャード・ドナー 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:114分 【あらすじ】 開発せまる港町を舞台に、海賊の財宝を捜して悪ガキ集団“グーニーズ”が繰り広げる冒険を描く。(allcinema ONLINEより) 【感想】 普通の小学生たちが、宝の地図を手に入れて心躍るような冒険をするという子どもには堪らない映画。 小学生の時に観て本当にドキドキワクワクした映画だけど、大人になった今観ると子どもの時のあのわくわく感が蘇ってきて子どものころに戻ったような気分になった。 最近のアドベンチャー映画なんて足元にも及ばないぐらいの面白さ。 子ども向けのアドベンチャー映画の「センター・オブ・ジ・アース」を観るぐらいなら断然「グーニーズ」を観たほうが良い。 今ではCG技術が向上して迫力のある映像が撮れる時代になっているけど、CGを使わないであんなに面白い映画を作れるなんて本当にすごい映画だと思う。 地図に書かれていた海賊船を見つけるために地下を進んでいくグーニーズ達。道中さまざまな罠が待っていて、頭上から岩が落ちてきたり、データが穴に落ちて串刺しになりそうになったりどれも見ごたえがあるけれど、一番好きなシーンは地図に書かれた音符を正しく弾いて次の道を出現させるというもの。 まずピアノの趣味が悪くて私好み。人骨でできたようなピアノでかなり不気味。 音程を間違えると床が抜けて行くと…

続きを読む

【ザスーラ】ゲームが終わるまで地球には帰れない…

【作品情報】 原題:Zathura: A Space Adventure ジャンル:アドベンチャー 監督:ジョン・ファヴロー 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:113分 【あらすじ】 ダニー(ジョナ・ボボ)は兄のウォルター(ジョシュ・ハッチャーソン)にかまってほしいためにボールを投げてふざけていると手もとが狂いボールがウォルターの顔に当たってしまう。怒ったウォルターはダニーを地下室に閉じ込めてしまうが、ダニーはそこで「ザスーラ」というボード・ゲームを見つける。(allcinema ONLINEより) 【感想】 ジュマンジの続編ではないんだけど、ジュマンジの世界観を宇宙にした映画。 ジュマンジもザスーラも作者は同じなんだよね。 ジュマンジはゲームを始めるとゲームからジャングルの生き物が出てくるっている映画だったけど、ザスーラは家ごと宇宙へ。 設定が派手というか微妙にスケールも大きかった。 そして、スケールがでかい割に登場人物が少ない。ゲームのプレイヤーも二人だしね。 1.超仲の悪い兄弟ウォルターとダニー 両親が離婚して週末ごとに父親と母親の元を行ったり来たりしているウォルターとダニーそして姉のリサ。 父親に遊んで欲しくていつもケンカばかりしているウォルターとダニー。 父親とキャッチボールをしていても、投げる順番とか回数でまた喧嘩になり、どっちが父親と遊ぶかで喧嘩になり…。 ケンカの延長で父親が仕事で使うデザイン画をジュースで…

続きを読む

【ジュマンジ】途中退場は絶対ムリ!強制参加の最悪なボードゲーム!

【作品情報】 原題:Jumanji ジャンル:アドベンチャー 監督:ジョー・ジョンストン 製作国:カナダ/アメリカ合衆国 上映時間:104分 【あらすじ】 ボードに浮かび上がった指示通りの事が現実となってしまう呪われたゲーム“ジュマンジ”をめぐるパニック・ファンタジー。  100年前に封印された奇妙なボードゲームを手に入れた少年アランは友だちのサリーとゲームを始める。だが、ボードのメッセージ通りの事が起きた上、アランはどこかに消えてしまった。それから26年後、売りに出されていた屋敷に移り住んできた幼い姉弟ジョディとピーターは屋根裏部屋でそのゲーム“ジュマンジ”を発見。実は26年前のゲームはまだ続いていたのだ。そしてゲームから出現した猛獣たちによって静かな町はとんでもないパニックに襲われる。ルールに従って今や大人となったアランも復活、事態を収拾するにはゲームを終わらせるしかない事を知った3人は、残ったメンバーであるサリーの元を訪れる……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 ジュマンジの近くに行くと太鼓の音のような不気味な音が…。 最初から結構不気味な雰囲気だから最初はホラー映画と思った。 この映画も小学生の時に何回か見ている映画で、あの不気味さが何とも言えず好きだった。 あの太鼓の音が聞こえるとワクワクするというか、ハラハラするというか。遊園地のアトラクションに乗る前みたいな気分になる映画だった。 ロビン・ウィリアムズが主演って…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク