【ジェネラル・ルージュの凱旋】ワタワタしてる田口先生が可愛い

【作品情報】 題名:ジェネラル・ルージュの凱旋 ジャンル:サスペンス 監督:中村義洋 製作国:日本 上映時間:123分 【あらすじ】 チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)が再び現れる。(シネマトゥデイより) 【感想】 竹内結子と阿部寛のチーム・バチスタシリーズ2作目。 今回も白鳥に振り回されてワタワタしている田口先生が可愛かった。 ドラマ版の速水先生は西島秀俊、今作は堺雅人。 どっちの速水先生も良かった。両方ともイメージぴったり。どっちかと言ったら若干西島秀俊の速水先生の方が好きかも。 今作の犯人も前作と同じで犯行動機がかなりヤバイ。 両方ともサイコパス具合がすごかった。 殺人事件が起こるけど、それよりも終盤の救命のシーンがすごくカッコよくで一番印象に残る。 見終わった後に堺雅人がかっこよかったなという印象が強く残る映画だった。 山本太郎が結構良い役で出てるんだけど、ここ数年の彼の奇行っぷりを見てるとなんとも言えない複雑な気持ちになったけど映画は面白かった。 最後に白鳥が運ばれてくるのも笑えて良かった。 ジェネラル・ルージュの凱旋 [ 竹内結子 …

続きを読む

【チーム・バチスタの栄光】ドラマ版も映画版もどっちも良い

【作品情報】 題名:チーム・バチスタの栄光 ジャンル:サスペンス 監督:中村義洋 製作国:日本 上映時間:120分 【あらすじ】 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先、厚生労働省から派遣された切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる。2人はコンビを組んで、“チーム・バチスタ”のメンバーを再調査することになる。(シネマトゥデイより) 【感想】 こっちのチーム・バチスタはドラマとは別物でキャストも違うし、田口先生が女性に変更されてた。 でも全然悪くない。これはこれであり。面白かった。 女性の田口先生も悪くない。白鳥役が阿部寛ってのもしっくりきた。 ただ、ドラマを見てたからあの複雑な展開をどうまとめるかすごく気になった。 2時間でまとめないといけないからどうなるかなーと思ってたけどいい感じにまとめたと思う。 ドラマでは結構いい人…というか犯行理由に同情できるけど、この映画ではただのサイコパスだった。 犯行理由がかなりクソ。胸糞悪かった。 ドラマを全て見てたから映画はあっさりだったなと思う ドラマが長すぎて見るの無理!って人はこっちをオススメ。 チーム・バチスタの栄光 [ 竹内結子 ]価格:3807円(税込、送料無料) (2019/6/8時点)楽天で購入 よろしければクリックお願いし…

続きを読む

【チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像】田口白鳥コンビもこれで見納め

【作品情報】 題名:チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 ジャンル:サスペンス 監督:星野和成 製作国:日本 上映時間:127分 【あらすじ】 国、自治体、東城医大が死因究明システムの改革として取り組む、日本初のAi(死亡時画像診断)センターが発足する。東城医大の田口(伊藤淳史)と厚生労働省の白鳥(仲村トオル)もこのプロジェクトに参加していたが、こけら落としとなるシンポジウムを前に、東城医大に脅迫状が届く。一方、死因が判別できない集団不審死事件が発生。そしてAiセンターが始動する当日、医学界を揺るがす出来事が起きようとしていた。(シネマトゥデイより) 【感想】 ドラマも全て見て、これでこのシリーズも終わり。 この病院どれだけ殺人事件とか問題が起きてんだw 普通こんだけ殺人事件が頻発する病院は患者が来なくなると思うw あ、今回は病院内で殺人事件は起きてないか。 でもAiセンターの発足という時に脅迫状が届いてしまうというね。 この脅迫事件とAiで死因を特定した集団不審死事件の謎を解明する為に調査を始めた田口と白鳥。 Aiセンター発足のお披露目会で白鳥の過去が暴かれたんだけど、その展開が前にやってた「ブラックペアン」と同じじゃん!ってびっくりして調べたら作者同じだったのか…。てかブラックペアンよりこっちの方が先か。 ドラマが4シーズンにスペシャルドラマが3作。そして映画で最後。長かった…。 けど見応えあって面白かった。 …

続きを読む

【劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-】ドラマ終盤で起こるいつものパターン…

【作品情報】 ジャンル:ドラマ 監督:西浦正記 製作国:日本 上映時間:127分 【あらすじ】 地下鉄崩落事故から3か月後、成田国際空港に航空機が緊急着陸し、東京湾の海ほたるに巨大なフェリーが衝突するという事故が連続して発生する。翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクター藍沢(山下智久)らに出動要請が入り、藍沢と約10年間苦楽を共にしてきた白石(新垣結衣)らは、これまでにない事態に立ち向かう。(シネマトゥデイより) 【感想】 ドラマでいろいろとやり尽くした感が否めない。 ドラマ終盤で誰かが二次被害にあって生死の境をさまよう的な展開…。今回もありました。 正直またその展開か…って思ったよね。 そして末期癌の患者の前で結婚式の話をするのはどうかと思う。 ドラマが面白かったから映画も見たけど、正直劇場版にする内容かって思う。 ラストの結婚式のシーンは良かったけど、救急外来の医師が全員ガーデンウェディングに出席してていいのか?と疑問が残ってしまった…。 やっぱり1stシーズンが一番面白かったな。 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命ー DVD豪華版 [ 山下智久 ]価格:5982円(税込、送料無料) (2019/6/6時点)楽天で購入 よろしければクリックお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

【未来のミライ】酷評されてたけどそこまで酷くなかった

【作品情報】 題名:MIRAI ジャンル:アニメ 監督:細田守 製作国:日本 上映時間:98分 【あらすじ】 小さい木が立つ庭のある家に住む、4歳で甘えん坊のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に対する両親の様子に困惑していた。ある日、くんちゃんはセーラー服姿の女の子と出会う。彼女は、未来からやってきた自分の妹で……。(シネマトゥデイより) 【感想】 見る前にレビューを読んじゃって、かなり評価が低くてかなり酷評されてたからどうかなーと思ってたけど言うほど悪くなかったと思う。 ただ、4歳児と生まれたばかりの子どもがいる家であの間取りの家はどうなんだろう…。 スタイリッシュだけど全然住みたいとは思えないあの家。 話には全然関係ないんだけど階段ばっかりで子どもにはかなり危険な家で気になっちゃった。 あと、声がなー全然子どもの声じゃない…。 ちゃんとキャラクターにあった人を起用して欲しい…。 くんちゃんの声が違和感ありまくり。話題の為に人気の女優さん起用しないといけないのかもしれないけどもうちょっと考えて欲しい。 くんちゃんが未来から来たミライちゃんと会い、お雛様片付けて作戦をしたり、若い頃のおじいちゃんに会ったり、高校生のくんちゃんに会ったり、未来の東京駅に行ったりして成長していく過程は普通に面白かった。 すごい面白かったもう一度見たいとはならなかったけどやっぱり細田守は映像がとても綺麗だからそれだけでも見る価値はあったかなとは思う。 …

続きを読む

スポンサーリンク