【PK ピーケイ】風刺の効いたコメディ作品

【作品情報】 題名:PK ジャンル:コメディ 監督:ラージクマール・ヒラニ 製作国:インド 上映時間:153分 【あらすじ】 留学先のベルギーで恋に破れ、祖国インドのテレビ局に勤務するジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着け、チラシを配布する男(アーミル・カーン)と出会う。PKというその男は神様を探しているらしく、興味を持ったジャグーは彼を取材する。しかし、PKが語る話は途方もない内容で……。(シネマトゥデイより) 【感想】 「きっとうまくいく」の監督と出演俳優がタッグを組んだ作品と言うことでレンタルしてみた。 コメディ映画だけど宗教とか神様が絡んでる視、」途中でテロが起きたりとコメディだけじゃなくてシリアスな部分もあったりと忙しい映画だった。 インド映画の例に漏れずいきなり歌とダンスもいきなり始まるしね。 インド映画の歌とダンスって独特だから最初見るとすごい戸惑う・・・。 1.宇宙からやってきたPK 映画の初っぱなからぶっ飛んでる。 宇宙船から降りてきた全裸の男性。 首には緑色のペンダントをしていたけど、列車に乗った老人にペンダントを奪われてしまう。 このペンダントはリモコンになっていて、宇宙船を呼んだり報告をするためのものなので無くなると大変な事になってしまう…。 という事で、全裸男はペンダントを探す過程で神様に願えば願い事が叶うと教えられ…

続きを読む

スポンサーリンク