【屍憶】冥婚を題材にしたジメっとしたホラー映画

【作品情報】 題名:THE BRIDE/屍憶 ジャンル:ホラー 監督:リンゴ・シエ 製作国:台湾/日本 上映時間:89分 【感想】 日本でも有名な「リング」「呪怨」「着信アリ」に通じるようなジメっとしたホラー映画でかなり私好みの映画だった。 雰囲気が暗くて湿っていてめちゃくちゃ怖い。 日本のホラー映画に似ているなと思ったら台湾と日本が制作した映画で、しかもプロデューサーが日本人だった。 映画のパッケージを観てみようと思った映画なんだけど、選んで正解だった。 久しぶりに良いホラー映画を観たと思う。 1.ホラー番組を手掛けるTVプロデューサーのハウ ハウは結婚を控えたTVプロデューサー。 最近手がけている番組では冥婚を取り上げている。 霊能力者にインタビューをしたり、冥婚の具体的な方法などを取材していると同時に結婚式の準備にも追われ忙しい毎日を過ごしていたハウ。 ハウは恋人と一緒に住んでいるんだけど、最近変ない夢を観るようになってきた…。 この夢がかなり怖い。 ある結婚式の夢で、婿は無理やり参加させられ花嫁は死んでいるようで、女性が両脇について支えているような状態。 おそらく冥婚をさせられている様子を夢で観ているハウ。 花嫁の顔を観ようとベールをめくろうとしたところでハウの目が覚める。 2.怖いものが見えるようになってしまったインイン 女子高生のインインは怖いもの…幽霊が見えるようになってしまい悩んでいた。 教室…

続きを読む

スポンサーリンク