【アシュラ】そして誰もいなくなった系のバイオレンス映画

【作品情報】 題名:ASURA: THE CITY OF MADNESS ジャンル:サスペンス 監督:キム・ソンス 製作国:韓国 上映時間:133分 【あらすじ】 アンナム市の市長という立場を利用し、利権をむさぼろうと犯罪を繰り返すパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、末期ガンに侵された妻の治療費稼ぎを理由にその処理を請け負っていた。市長検挙に燃える検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、彼を脅迫して捜査への協力を迫る。市長と検事たちの間に立たされたドギョンだが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 刑事のドギョンが悪徳市長と市長を検挙しようとする検事に板ばさみになりどうしようもなくなるっていうストーリー。 ドギョンは妻の治療費を稼ぐために市長につくしかなかったんだけど、ドギョンは検察にも脅されて市長をスパイしろと言われ…。 市長のソンべが本当に嫌な奴で実の兄ですら政治の道具に使い、使えなくなったら切ってしまうという…。 最後は誰も幸せにならない胸糞悪い映画だった。面白かったけどね。 1.ドギョン先輩刑事を死なせてしまう ドギョン刑事でありながら市長の命によって市長が行った犯罪行為の後処理をする犯罪に手を染めていた。 その際、先輩の刑事と口論になりドギョンは先輩刑事を死なせてしまう。 その場にいた麻薬中毒者でドギョンが駒として使っていた男に…

続きを読む

【哭声/コクソン】サスペンスかと思いきや衝撃のラスト

【作品情報】 題名:THE WAILING ジャンル:サスペンス 監督:ナ・ホンジン 製作国:韓国 上映時間:156分 【あらすじ】 警察官ジョング(クァク・ドウォン)が妻と娘と暮らす平和な村に正体不明のよそ者(國村隼)が住み着いて以来、住人たちは彼のうわさをささやいていた。やがて、村で突然村人が自分の家族を手にかける事件が発生する。犯人には、濁った目と湿疹でただれた肌という共通点があり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 「お嬢さん」「アシュラ」と一緒にレンタル開始されていて、これも観たかったやつ。 しかも國村隼が出演しているのもポイント高かった。 サスペンスだけどホラー要素もあり、私好みの映画だった。けど、ラストが結構難しくてネットで解説を読むまで理解ができなかった。 というか、観る人によって解釈が変わる系の映画だったのかな。 結局どの登場人物が悪魔で、誰が村の人たちを守っていたのか…。 1.村で殺人事件が多発し始める 警察官ジョングの住む村で猟奇殺人が発生するようになった。 一家が惨殺され、その犯人は必ずその家族の一人。 猟奇殺人が始まったのはある日本人が村にやって来て体と気がついたジョングは、日本人について調べ始める。 この日本人についてはある噂があり、裸で山を歩き回り鹿の死体をむさぼり食う姿が目撃されているという…。 日本人を怪しく感じたジョングは相棒の警官と日本語が話せる祭司を連れて日本人の家へ行くと、そこ…

続きを読む

【お嬢さん】想像以上にエロティック!!これは18禁になりますわ

【作品情報】 題名:THE HANDMAIDEN ジャンル:サスペンス 監督:パク・チャヌク 製作国:韓国 上映時間:145分 【あらすじ】 日本の統治下にあった1930年代の韓国。詐欺師たちの集団の手で育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、伯爵の呼び名を持つ詐欺師(ハ・ジョンウ)から美しい富豪令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドという仕事をあてがわれる。スラム街から彼女とそのおじが暮らす豪邸に移ったスッキだが、伯爵は彼女の助けを得て秀子との財産目当ての結婚をしようと企んでいた。結婚した後に秀子を精神病院に送り込んで財産を奪う計画を進める伯爵だが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 かなり話題になっていて、しかも監督パク・チャヌクだし。 絶対に観ようと思ってた。 年齢指定が18歳だけどそこまでエグくはないかなって思ってたけど、ヤバかった。 一人で観て良かったと思うぐらいエロい。 これは家族で観ちゃいけない映画です。 映画好きの兄弟と一緒に観ようと思ってたけどやめて良かったわ。 誰かと一緒に観たら気まずさ半端ないと思う。 1.第一部 詐欺師と少女スッキが富豪令嬢を騙し財産を手にするために屋敷へ潜入する。 スッキは詐欺集団に育てられた少女で、令嬢の秀子と詐欺師を結婚させてその財産を手に入れるという計画に加わることに。 でも、美しい秀子と一緒に過ごしていくうちに秀子に惹かれていくスッキ。 詐欺師と結婚させて、日本へ行き秀子を精…

続きを読む

【グエムル〜漢江の怪物〜】途中まではすごく良い…けどラストがなんとも言えない

【作品情報】 題名:THE HOST/怪物 ジャンル:サスペンス 監督:ポン・ジュノ 製作国:韓国 上映時間:120分 【あらすじ】 ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出を試みるが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 序盤はすごくテンポが良くて面白かったんだけど、映画が進むにつれてダレていったというか微妙な展開が続き私的には微妙な終わりだった。 モンスターのクオリティとか緊迫感とかはめっちゃ良かったと思うんだけど、やっぱりラストがね…。 1.グエムル誕生 在韓米軍の研究室で劇薬を処理せず、そのまま排水溝へ流しその劇薬が漢江に流れてしまう。 そうして数年たち、漢江に奇妙な生物が現れるようになった。 河原で露店を営んでいるカンドゥとその家族が仕事をしていると漢江から巨大な怪物がやってきて、河原にいる人たちを襲い始めた。 逃げまどう中、カンドゥの娘ヒョンソが怪物に連れ去られてしまう。 この最初のシーンが一番良かった。 怪物のビジュアルが不気味でしかも最初ははっきりと映らないから余計不気味さが増してたし。 逃げまどう人と怪物を倒そうとするカンドゥと米兵と…

続きを読む

【京城学校:消えた少女】雰囲気はすごく良い

【作品情報】 題名:THE SILENCED ジャンル:サスペンス 監督:イ・ヘヨン 製作国:韓国 上映時間:99分 【感想】 途中まですごくサスペンスだったけど、最後に行くにつれてファンタジー要素が入ってきたような気がする。 若干反日の映画なのかなって感じだった。日本人からしてみれば“うーん”って思わなくもないけど、映画としては綺麗だったし、怖いシーンもあり途中までは面白かったと思う。 日韓合併時代の話で、映画は日本語と韓国語の両方で話しが進んでいく。 韓国人の俳優さんが日本語をはなすから結構違和感がはんぱない。 女性はまだ発音が綺麗で聞き取りやすいんだけど、日本兵役?の男性の日本語がへたくそ過ぎてちょっとなぁって感じ。 1.療養学校に転校してきた静子 京城学校は病気の少女たちが療養する学校で、日韓合併時代なのでみんな日本名と韓国名を持っている。 この学校で病気を治し、成績上位者は東京へ留学する権利が得られると言う。 そんな学校に転入してきたのが静子。 最初はなじめなかったけど、級長の和恵と仲良くなっていき東京へ留学する候補のうちの一人となる。 最初からこの学校は何かがおかしくて寝る前と食事の前になにかの薬を飲まされ、静子は授業が始まる前に必ず点滴を討つように校長に言われる。 最初は学校がグルになって少女達を人身売買とかしてんのかなと思ってたけど、前々違う方向へ進んで行ってちょっとびっくり。 ジャンルはサスペンスだけど、ホラー…

続きを読む

スポンサーリンク