【未来のミライ】酷評されてたけどそこまで酷くなかった

【作品情報】 題名:MIRAI ジャンル:アニメ 監督:細田守 製作国:日本 上映時間:98分 【あらすじ】 小さい木が立つ庭のある家に住む、4歳で甘えん坊のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に対する両親の様子に困惑していた。ある日、くんちゃんはセーラー服姿の女の子と出会う。彼女は、未来からやってきた自分の妹で……。(シネマトゥデイより) 【感想】 見る前にレビューを読んじゃって、かなり評価が低くてかなり酷評されてたからどうかなーと思ってたけど言うほど悪くなかったと思う。 ただ、4歳児と生まれたばかりの子どもがいる家であの間取りの家はどうなんだろう…。 スタイリッシュだけど全然住みたいとは思えないあの家。 話には全然関係ないんだけど階段ばっかりで子どもにはかなり危険な家で気になっちゃった。 あと、声がなー全然子どもの声じゃない…。 ちゃんとキャラクターにあった人を起用して欲しい…。 くんちゃんの声が違和感ありまくり。話題の為に人気の女優さん起用しないといけないのかもしれないけどもうちょっと考えて欲しい。 くんちゃんが未来から来たミライちゃんと会い、お雛様片付けて作戦をしたり、若い頃のおじいちゃんに会ったり、高校生のくんちゃんに会ったり、未来の東京駅に行ったりして成長していく過程は普通に面白かった。 すごい面白かったもう一度見たいとはならなかったけどやっぱり細田守は映像がとても綺麗だからそれだけでも見る価値はあったかなとは思う。 …

続きを読む

【耳をすませば】青春映画といえばコレ

【作品情報】 題名:WHISPER OF THE HEART ジャンル:アニメ 監督:近藤喜文 製作国:日本 上映時間:111分 【あらすじ】 宮崎駿がプロデュース、「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。思春期の不安や、複雑な乙女心、将来への不安と憧れなど、恋愛ストーリーの定番的要素を瑞々しい人間ドラマとして昇華。劇中劇として登場する、『イバラード博物誌』の井上直久が手掛けた幻想的な美術も素晴らしい。本が大好きな中学生の少女・雫。彼女はある時、図書カードに何度も連ねられた男子の名を見つける。その男子・天沢聖司の名に、淡い恋心を抱く雫。だが実際の天沢は、ぶしつけで粗野なヤツだった・・・。(allcinema ONLINEより) 【感想】 甘酸っぱい青春映画の代表といえばこの映画しかないと思う。 小学生の時に観た時はこんな恋愛憧れるなぁとか思いながら観てたけど、大人になってから観るとかなり甘酸っぱい。 観ていてニヤニヤしちゃったり、むず痒い気分になったり…。 ラストのシーンとか破壊力が抜群だと思う。 1.本がきっかけでで会う雫と聖司 図書館の貸出カードに書かれている名前が気になって、そこから恋が始まるなんてめちゃくちゃ憧れる!と小学生の時に観て思ったけど大人になってから改めて見るとそんなものは幻想でしかないと悲しくなるわ…。…

続きを読む

【もののけ姫】森を切り開き森の動物たちを追いやった人間たちの末路

【作品情報】 題名:PRINCESS MONONOKE ジャンル:アニメ 監督:宮崎駿 製作国:日本 上映時間:135分 【あらすじ】 自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった。山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 小学校低学年頃にこの映画は映画館に行って見たんだけど、当時は怖かった記憶がある。 たくさんの生き物が人間との戦いで死んでしまうのもし、人間もたくさん死んでいくから当時の自分は直視できなかった。 特にアシタカが放った矢が人の首を刎ねたり、両腕を切断してしまうシーンは衝撃が強すぎた。 小学校低学年には早いと思うけど、高学年ぐらいになったらこな映画は見るべきだとは思う。 自然な事を考えず人間たちの利便さだけを考えて生きていくとどうなるのか、山を追われた動物たちがどうなってしまうのかとても考えさせる映画だった。 1.人間と動…

続きを読む

【曲がれ!スプーン】エスパー達の秘密のクリスマスパーティ

【作品情報】 題名:曲がれ!スプーン ジャンル:コメディ 監督:本広克行 製作国:日本 上映時間:106分 【あらすじ】 超常現象バラエティー番組のAD・桜井米(長澤まさみ)は、番組の企画で本物のエスパーを探し出すハメに。視聴者からの投稿を頼りに日本全国を旅して回るが、現われるのは有名人になりたいインチキ超能力者ばかり。それでも取材をあきらめない米は、次の取材対象者が待っている喫茶店「カフェ・ド・念力」に行くのだが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 こういうゆる〜い映画本当好き。 何も考えずにひたすら楽しめるし。 同じ監督の「サマータイムマシンブルース」も大好きな映画だけど、この「曲がれ!スプーン」もめちゃくちゃ面白かった。 出てくる俳優が良い。あまり有名な俳優じゃないけど超能力を持ってる人たちが個性的でめっちゃ良かった。 1.あすなろサイキックのADの桜井米 小さい頃に謎の飛行物体を見てから、超常現象やらUMAやら不思議なことに興味を持った米。 大人になった米は「あすなろサイキック」という超常現象や超能力を検証する番組のADとなる。 そこで、米は上司から全国から送られて来た手紙の内容を取材するように指示されて、結果ぎ出るまで帰ってくるなと言われてしまう。 全国津々浦々まわっていろいろと調査をするんだけど、どれもデマばつかり。 ツチノコがレンコンだったり、ネッシー的なヤツが白鳥ボートだったり。サマータイムマシンブルース…

続きを読む

【ミュージアム】思ったより最悪な結末ではなかった

【作品情報】 題名:ミュージアム ジャンル:サスペンス 監督:大友啓史 製作国:日本 上映時間:132分 【あらすじ】 現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。(シネマトゥデイより) 【感想】 “あなたは最悪な結末を期待する”という事で期待しながら観てみた。 なかなかに気持ち悪い終わり方だったけど一番最悪な終わり方ではなかったかな…。 ラストのとらえ方というか解釈のしかたかもしれないけど。 でも、かなりハラハラして先が気になる展開でめちゃくちゃ面白かった。 原作は読んでなかったんだけど、映画を観終わってから読みたくなって借りてきちゃった。 かなり原作に忠実に作られていて原作ファンでも十分満足できるんじゃないかなって思った。 1.連続猟奇殺人が立て続けに起こり始める 異常な方法で人を殺す猟奇殺人が起こり始める。 その殺人は必ず雨の日に行われ、その方法はどれも残酷過ぎてヤバかった。 どれも「~の刑」って書かれた紙が残されているんだけど、最初はドッグフードの刑、次に母の痛みを知りましょうの刑とか。内容はもう本当にえぐい。ドッグフードの刑は空腹の…

続きを読む

スポンサーリンク