【空飛ぶタイヤ】大企業の隠蔽に挑む小さい運送会社

【作品情報】 題名:空飛ぶタイヤ ジャンル:サスペンス 監督:本木克英 製作国:日本 上映時間:120分 【あらすじ】 トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。(シネマトゥデイより) 【感想】 脱輪事故を起こしてしまった会社の社長がトラックの製造元の大企業に立ち向かう社会ドラマ。 中小企業が大企業に立ち向かう無謀さによく絶望しなかったなと思う。 この事件は実際に起きたリコール隠しを元に作られたフィクションだけど、元の事件を調べるといろいろと酷くて憤りを覚える。 映画はリコール隠しが暴かれて、運送会社も立て直せる感じで終わるけれど、実際の会社は倒産してしまったらしい。 被害者遺族も弁護士に裏切られたりと大変な目にあったみたいだし。 運送会社の赤松社長は家族に支えられてたけど、ほぼ一人でトラックの欠陥について調べていて心折れずに真相を暴くのは素直に凄いと思った。 大企業側の告発をしようとしていた社員も妨害にあいながらも証拠を確保したりかっこよく描かれていた。 最後には悪事が明るみに出て、リコール隠しをした幹部が追及を受ける姿に結構スカッと…

続きを読む

【娼年】想像以上に18禁の映画

【作品情報】 題名:娼年 ジャンル:エロティック 監督:三浦大輔 製作国:日本 上映時間:119分 【あらすじ】 大学生のリョウこと森中領(松坂桃李)は、バーのアルバイトに精を出していた。ある晩、ホストクラブで働いている中学時代のクラスメートの田島進也が、客の御堂静香を連れてリョウがいるバーを訪れる。(シネマトゥデイより) 【感想】 この映画は撮影秘話の記事を読んでから観たから、凄い作り込まれた映画なんだなって思いながら観ることができたと思う、 何も知らないまま観てたら、有名俳優が出てるAVだなって思ってたかも。 というかリアル過ぎて本当にしているのかと思った。 でも、どういう手順で撮っているのかとか行為よりも表情の変化を重点的にしたシーンとかがあるのを知ってより楽しめたなと思う。 松坂桃李が主演ってだけじゃなくてスタイリッシュでお洒落な映像だから女性が見やすいなって感じた。 や綺麗な年上のお姉さん、セックスレスの主婦、お金持ちの年の差夫婦に、高齢女性、大学の同級生、そして母と娘、すべてフィクションでかなり刺激的な非現実的な世界を体験できる映画だった。 お金持ちの年の差夫婦のストーリーはちょっと笑えた。 感動シーンかと思いきや唯一笑える場面だったと思う。 全体的にお洒落な映像なんだけど、最後の母と娘と領のシーンはなんだか演出が安っぽいなぁって感じてしまって残念だった。 娼年 [ 松坂桃李 ]価格:3485円(税込、送料無料) …

続きを読む

【ジェネラル・ルージュの凱旋】ワタワタしてる田口先生が可愛い

【作品情報】 題名:ジェネラル・ルージュの凱旋 ジャンル:サスペンス 監督:中村義洋 製作国:日本 上映時間:123分 【あらすじ】 チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)が再び現れる。(シネマトゥデイより) 【感想】 竹内結子と阿部寛のチーム・バチスタシリーズ2作目。 今回も白鳥に振り回されてワタワタしている田口先生が可愛かった。 ドラマ版の速水先生は西島秀俊、今作は堺雅人。 どっちの速水先生も良かった。両方ともイメージぴったり。どっちかと言ったら若干西島秀俊の速水先生の方が好きかも。 今作の犯人も前作と同じで犯行動機がかなりヤバイ。 両方ともサイコパス具合がすごかった。 殺人事件が起こるけど、それよりも終盤の救命のシーンがすごくカッコよくで一番印象に残る。 見終わった後に堺雅人がかっこよかったなという印象が強く残る映画だった。 山本太郎が結構良い役で出てるんだけど、ここ数年の彼の奇行っぷりを見てるとなんとも言えない複雑な気持ちになったけど映画は面白かった。 最後に白鳥が運ばれてくるのも笑えて良かった。 ジェネラル・ルージュの凱旋 [ 竹内結子 …

続きを読む

【ストロベリーナイト】菊田が…報われない…

【作品情報】 題名:ストロベリーナイト ジャンル:サスペンス 監督:佐藤祐市 製作国:日本 上映時間:127分 【あらすじ】 警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)が率いる姫川班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。警察が合同特別捜査本部を設けて捜査に臨む中、犯人を名指しした匿名情報が寄せられるが、上層部からはすべてを黙殺しろとの命令が下る。玲子は単独で捜査を続け、その過程でマキタ(大沢たかお)と出会う。(シネマトゥデイより) 【感想】 ドラマストロベリーナイトの劇場版。 小説のインビジブルレインの映画化。 大筋はある連続殺人事件を捜査していくサスペンス映画にプラス姫川玲子と操作中に出会った牧田、そして菊田の恋愛模様が描かれている。 三角関係というか、姫川と牧田が惹かれあって急接近していき、それを菊田がヤキモキしながら見てるって感じ。 ドラマから見てて菊田が姫川に好意を寄せてるのを見てたから菊田が報われなさすぎて切ない…。 陰ながら姫川の身を案じている菊田…。一歩間違えるとストーカーっぽいけど西島秀俊が演じてるから許せる。 姫川と牧田が車で密会しているところを尾行する菊田がちょっとかわいそうで…。 前半は暴力団幹部の殺人事件の捜査やらヤナイケントに関する謎などサスペンス映画って感じだけど後半は結構恋愛要素たっぷりだったと思う。 誰が犯人なのか、ヤナイケントとは誰なのか、警察が隠蔽しようとしているのは何なのかい…

続きを読む

【THE有頂天ホテル】年末年始に観たくなる三谷ワールド

【作品情報】 題名:THE有頂天ホテル ジャンル:コメディ 監督:三谷幸喜 製作国:日本 上映時間:136分 【あらすじ】 大晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では、ホテルの威信がかかった年越しカウントダウンパーティーの準備で大忙し。そんな中でも副支配人の新堂平吉(役所広司)は、様々な問題に機転を利かせて対応するのだが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 もうなんていうかね…良い大人たちが真剣に面白い事してるというか、三谷ワールド炸裂してた。いい意味で。 たまに観たくなるんだよね。この映画は何回見たか分からないぐらい好き。 とにかく役所広司が可愛くて仕方ない。あと伊東四朗も。 というか、出演俳優が豪華すぎて全員拾えない…。 唐沢寿明とオダギリジョーはハゲてるし、西田敏行はなんか自殺しようとしてるし…。 突っ込みどころ満載の豪華な映画だった。 1.大晦日で大忙しの「ホテルアバンティ」 ホテルの従業員、客たちが入り乱れて話が進んでいき、ごちゃごちゃしてるけど複雑じゃないから軽ーい気持ちで観られる映画だった。 主人公は副支配人の新堂。新堂を始めとするホテルのスタッフたちが大晦日に個性の強すぎる客達と無事に新年を迎えられるように準備をしていく。 ホテルには汚職議員や自殺したがる大物演歌歌手やら、謎の女やらが宿泊していて、さらに大晦日のイベントでマジシャンやら腹話術士、歌手がいたり、謎の団体がマン・オブ・ザ・イヤーの授賞式を…

続きを読む

スポンサーリンク