【こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話】大泉洋のはまり役

【作品情報】 ジャンル:ドラマ 監督:前田哲 製作国:日本 上映時間:120分 【あらすじ】 北海道で医大に通う田中(三浦春馬)は、ボランティア活動を通じて体が不自由な鹿野(大泉洋)と出会う。鹿野は病院を出てボランティアを募り、両親の助けも借りて一風変わった自立生活をスタートさせる。ある日、新人ボランティアの美咲(高畑充希)に恋をした鹿野は、ラブレターの代筆を田中に頼む。ところが美咲は田中の恋人だった。(シネマトゥデイより) 【感想】 大泉洋がめちゃくちゃはまり役だった。 こういう気難しい役すごい合う。 映画の最後に鹿野さんの生前の映像が流れたけど、大泉洋が演じた鹿野さんとそっくり。 大泉洋の再現度に驚いた。この役を演じるのに体重を落として挑んだらしい。 最初に見た鹿野さんはめちゃくちゃ嫌なやつ…。 深夜なのにバナナ買いに行かせたり、夜更かしに強制的に付き合わせたり。もう、やりたい放題。 だけど、見ていくうちに鹿野さんの生き方とか考え方が凄いなって思ったり、憎めない人だな、鹿野さんの周りに人が集まる理由がわかるなって思い始めた。 鹿野さんと対立してた美咲が一番鹿野さんのボランティアとして積極的に関わるようになったり、将来について悩む医学生の田中くんが鹿野さんと関わるうちに自分の道を見つけたり。 鹿ボラとの関係もハラハラしつつ見応えがあった。 筋ジストロフィーになって思うように体が動かなくなっても入院はせずに実家にも頼らず、自…

続きを読む

【キツツキと雨】ヘタレな小栗旬も良い

【作品情報】 題名:キツツキと雨 ジャンル:ドラマ 監督:沖田修一 製作国:日本 上映時間:129分 【あらすじ】 小さな山あいの村にやって来たゾンビ映画の撮影隊。なぜだか手伝うことになった木こりの克彦(役所広司)は、プレッシャーに弱く使えない新人監督の幸一(小栗旬)にイライラする。しかし、幸一は克彦との交流で自分を取り戻していき、二人のいい関係がイマイチかみ合わなかった撮影現場にも不思議な影響を与え始め……。(シネマトゥデイより) 【感想】 「南極料理人」の沖田修一監督作品。「南極料理人」が面白かったから「キツツキと雨」も手に取ってみた。 私的には「南極料理人」のほうが好きだけど、こっちも面白かった。 特別盛り上がるシーンとかお腹抱えて笑えるシーンはないんだけど、クスッとしたりちょっとホロっときたり。 若い映画監督と中年の木こりのおじさんの友情がめっちゃ良かった。 木で作った監督椅子とか仕事休んで映画の手伝いをしちゃう克彦とか、木こりの克彦がすごく可愛く感じる作品だった。 ヘタレで気弱な小栗旬ってのも新鮮だった。今までアイドル俳優みたいな作品だとか、シリアスなドラマとかに出てるイメージが多かったけどこういう役も良いな。あまり、興味なかったけどこの映画でいい俳優さんだなって思った。 派手な映画が好きとかメリハリのある映画が好きな人には物足りないかもしれないけど、静かに淡々と見られる人にはオススメ。 ヘタレな新人監督の幸一の成長や、克彦と息…

続きを読む

【劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-】ドラマ終盤で起こるいつものパターン…

【作品情報】 ジャンル:ドラマ 監督:西浦正記 製作国:日本 上映時間:127分 【あらすじ】 地下鉄崩落事故から3か月後、成田国際空港に航空機が緊急着陸し、東京湾の海ほたるに巨大なフェリーが衝突するという事故が連続して発生する。翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクター藍沢(山下智久)らに出動要請が入り、藍沢と約10年間苦楽を共にしてきた白石(新垣結衣)らは、これまでにない事態に立ち向かう。(シネマトゥデイより) 【感想】 ドラマでいろいろとやり尽くした感が否めない。 ドラマ終盤で誰かが二次被害にあって生死の境をさまよう的な展開…。今回もありました。 正直またその展開か…って思ったよね。 そして末期癌の患者の前で結婚式の話をするのはどうかと思う。 ドラマが面白かったから映画も見たけど、正直劇場版にする内容かって思う。 ラストの結婚式のシーンは良かったけど、救急外来の医師が全員ガーデンウェディングに出席してていいのか?と疑問が残ってしまった…。 やっぱり1stシーズンが一番面白かったな。 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命ー DVD豪華版 [ 山下智久 ]価格:5982円(税込、送料無料) (2019/6/6時点)楽天で購入 よろしければクリックお願いします。 にほんブログ村

続きを読む

【50回目のファーストキス】長澤まさみの魅力が詰まった作品

【作品情報】 題名:50回目のファーストキス ジャンル:恋愛 監督:福田雄一 製作国:日本 上映時間:114分 【あらすじ】 ハワイのオアフ島で天文学の研究をしながら、ツアーガイドとして生活費を稼ぐ大輔(山田孝之)は、カフェで働く瑠衣(長澤まさみ)と出会う。彼は明るく聡明な彼女と意気投合するが、その翌日に会うと大輔や前日のことを全く覚えていないことに驚く。瑠衣が事故の後遺症で、新しい記憶が一晩で消えてしまうのを知った大輔は彼女を口説き落とそうと奮起。毎日彼女にアプローチを仕掛けてはファーストキスまで持ち込む大輔だが、このままでは関係が進展しないと悟ってあることを試そうとする。(シネマトゥデイより) 【感想】 リメイク前のオリジナルを見ずに先にこっちを見てしまった。 ラブストーリーなんだけどいい感じに福田雄一監督っぽさが所々というかちょくちょく出てきて笑いあり、たまに涙ありで良かったと思う。 面白かった。 山田孝之も佐藤二郎もムロツヨシも大好きなんだけど、この作品では一番長澤まさみが良かった。 基本可愛いんだけど、ムロツヨシボコったり山田孝之を中国語で罵ったり。 あと、注目してなかった太賀のキャラが良い。 瑠衣の弟役で、姉のサポートをするめっちゃいい弟なんだけど筋肉バカでゲイ疑惑がある役どころ。 父親役の佐藤二郎との掛け合いが本当好き。 バラエティ専門の福田監督ってラブストーリーもできるんだといい感じに期待を裏切られる映画だった。 オリ…

続きを読む

【神さまの言うとおり】俳優の無駄使い感が半端ない

【作品情報】 題名:神さまの言うとおり ジャンル:サスペンス 監督:三池崇史 製作国:日本 上映時間:118分 【あらすじ】 何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、幼なじみの同級生・秋元いちか(山崎紘菜)と一緒に第2のゲームへと向かう。一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。(シネマトゥデイより) 【感想】 前半は漫画の原作をなぞって話が進んでいき、後半は映画オリジナルって感じ。 三池監督らしく、首が吹っ飛んだり猫にバラバラにされたり潰されたりとハードなシーンが多かった。 全体的に中途半端というか、なんでこんな理不尽なゲームが始まったのか解明されないまま終わるし、大森南朋が演じた役って正直いらなくね?って思ったり、リリーフランキーも神役らしいけど詳細不明だしでモヤモヤが残る映画だった。 最後の缶蹴りもなんか納得いかないし。 なんで今まで死と隣り合わせのゲームをしてたのに缶蹴りだけただのお楽しみでペナルティがないのか意味不明。 高畑瞬と天谷武を目立たせてかつ生き残れるようにするためのご都合主義な感じでかなり萎えた。 1.だるま この作品の代表するゲームが「だるまさんが転んだ」だと思う。 ほとんど原作通りの展開だった。 映画の都合…

続きを読む

スポンサーリンク