【はじまりへの旅】何事もほどほどにすることが大事ということがよくわかる作品

【作品情報】 題名:CAPTAIN FANTASTIC ジャンル:ドラマ 監督:マット・ロス 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:119分 【あらすじ】 アメリカ北西部の森の奥深くで、6人の子供と暮らしているベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)。子供たちは社会と接点を持っていないが、厳格なベンが課す特訓と熱心な教育によって全員がスポーツ選手並みの体力を誇り、6か国語を自在に話し、長男に至ってはあらゆる名門大学に合格していた。そんな中、入院していた子供たちの母レスリーが他界し、一家は葬儀が行われるニューメキシコへ向けて旅に出ることに。およそ2,400キロメートルもの長い道のりを行く彼らだが、世間知らずゆえに先々で騒動を起こしてしまう。(シネマトゥデイより) 【感想】 コメディのジャンルに分類されていたんだけど、全然コメディじゃなかったわ。 シリアスってほどではないけど、コメディ映画のように軽くは観られなかったな。 人の価値観って色々あるし、何が正しくて何が正しくないかってすごいあいまいなんだなぁって感じる映画だった。 ベンの考え方に共感できる部分もあるし、それは違うんじゃないかと思う部分もあったり…。とにかく見終わった後に私の中で何事もやりすぎは良くないという結論に至った。 1.山の中で6人の子どもと生活するベン 森の中で外の世界を遮断して家族だけで暮らしているベン。 たまに町へ出て郵便物の確認をしたり、作ったものを売りに行く以…

続きを読む

【僕と世界の方程式】自閉症の少年が数学オリンピックに出場するまで

【作品情報】 題名:X+Y ジャンル:ドラマ 監督:モーガン・マシューズ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:111分 【あらすじ】 他人との意思疎通は苦手だが、数学に関しては突出した才能を誇る少年ネイサン(エイサ・バターフィールド)。母ジュリー(サリー・ホーキンス)はその才能をさらに伸ばそうと、息子への個別指導を数学教師ハンフリーズ(レイフ・スポール)に頼む。やがてネイサンは、国際数学オリンピックのイギリス代表チームのメンバーに選出されるまでになった。台北での合宿に参加した彼は、そこで中国チームの少女チャン・メイ(ジョー・ヤン)と出会う。(シネマトゥデイより) 【感想】 自閉症の男の子が数学オリンピックに出場して金メダルを取る話なのかなぁと思ってたけど、もっと深い内容の話だった。 数学が得意というかめちゃくちゃできるから、小学生の時から高校の先生に数学を教わり高校生になってから数学オリンピックに出場するために努力してきたネイサン。 そんな、ネイサンとネイサンを取り巻く人達との関係がとても素敵な映画だった。 1.自閉症と診断されたネイサン ネイサンは小さい頃に自閉症と診断されたけど、父親がすごい理解のある人でいつもネイサンを笑わせたりネイサンのそばに寄り添ってくれる人だった。だけど、ネイサンと一緒に車で出かけている時に事故に遭い亡くなってしまう。 ネイサンの母親もネイサンを理解しようと必死だけど、日々の生活にいっぱいいっぱいで次第に…

続きを読む

【美女と野獣(2017)】アニメを何倍もグレードアップさせた最高の映画

【作品情報】 題名:BEAUTY AND THE BEAST ジャンル:ファンタジー 監督:ビル・コンドン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:130分 【あらすじ】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。(シネマトゥデイより) 【感想】 ほぼディズニーアニメの「美女と野獣」と同じストーリー展開だけど、何倍もグレードアップしていて凄い良かった。内容も少しづつ付け足されて新しい歌もありつつ、でも違和感ないというか全体的にクオリティが高く仕上がっていてディズニーアニメが好きな人はもちろん、見たことない人も十分楽しめる作品だった。 1.始まりからアニメのまんま! 映画の始まりからアニメと同じ展開でかなりテンションが上がった。 とは言っても、見目麗しい王子が華やかな舞踏会をしていて、そこに老婆がやって来るという展開でちょっとずつ違うんだけど、使用する曲とか話の流れは全く一緒だからディズニーアニメの方を知っている自分にとってはとてもワクワクする始まり方だった。 その後もアニメで使用された曲が次々と出てき…

続きを読む

【ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝】エジプトの次はなぜか中国

【作品情報】 題名:The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor ジャンル:アドベンチャー 監督:ロブ・コーエン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:112分 【あらすじ】 “シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するため、外務省の依頼で上海にやって来たリック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)は、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックス(ルーク・フォード)と再会。そんな中、アレックスの発掘した皇帝のミイラが生き返る事件が発生する。(シネマトゥデイより) 【感想】 舞台がエジプトから急に中国になった事に少しの違和感。 息子のアレックスが中国の遺跡発掘をしている設定だから別に矛盾はないけど…。 そして、エブリン役が変わっちゃったのも残念…。 最初はもう少し似ている女優にすればよかったのにって思いながら観てたけど、観ていくうちに違和感薄れて行ったけどね。 2008年公開の映画だから1作目・2作目よりもアクションがハード。しかもCGてんこ盛りで派手な映画だった。 めちゃくちゃだけど嫌いじゃないかな。 1.アレックス皇帝の墓を暴く リックとエブリンは第二次世界大戦が終わった後ロンドンで幸せだけど退屈な余生を過ごしていた。 そんな時、二人は外務省からブルーダイヤを上海の博物館へ戻しに行くと言う仕事を任されることに。 息子のアレックスは大学に行かずに中国で皇帝の墓の発掘調…

続きを読む

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド】小生意気な息子登場

【作品情報】 題名:The Mummy Returns ジャンル:アドベンチャー 監督:スティーヴン・ソマーズ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:130分 【あらすじ】 死者の都ハムナプトラから生還して8年が過ぎ、リック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(レイチェル・ワイズ)にも平和な暮らしが戻っていた。だがある日、遺跡を発掘していた2人は不思議なブレスレットを見つける。(シネマトゥデイより) 【感想】  前作から8年がたちリックとエブリンの息子が登場。 この息子アレックスのキャラがめっちゃ良い。 周りにいたら生意気でむかつくだろうけど、見てる分には面白くて好き。 敵のロック・ナーとのやり取りも好き。 脅されても怒鳴られても飄々としているアレックスにイライラしっぱなしのロック・ナー。 悪役だけどロック・ナーが可愛く見えてきちゃうから不思議。 今回も好きなキャラが登場しまくっていて前作よりこっちの方が好きかも知れない。 1.イムホテップ今回はあっさり復活 前作は復活してしまったイムホテップをどうにかこうにか封印するってストーリーだったけど、今作はあっさりイムホテップが復活。しかも、今回はすでにアナクスナムン(アナクスナムンの生まれ変わりで名前はミラ)もいてなんだかややこしいことに…。 大英博物館の館長であるハフェズが世界征服をするためにイムホテップを復活させて、さらに「アヌビスの軍隊」を手に入れようとする。 それに巻き込…

続きを読む

スポンサーリンク