【ディセンダント2】マリッジブルーのお話

【作品情報】 題名:DESCENDANTS 2 ジャンル:ファンタジー 監督:ケニー・オルテガ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:115分 【感想】 ディズニーチャンネルで製作された「ディセンダント」の続編。 子ども向けだけど、歌は上手いし手が込んでるセットで大人も十分楽しめる作品だった。 オラドン合衆国で暮らすようになり、心を入れ替えたヴィランズの子ども4人。 この4人のうち誰かが悪の道に走るのかなぁと思ってたけど違ってホッとした。 他のディズニーキャラクターの子ども達が次々と出てきてすごく面白かった。 1.王子と婚約したマル ついにマルとベン王子が婚約。 高校では一気にお祝いムードで舞踏会ぎ開かれることに。 マルは髪の色を紫からブロンドに変えて王家に釣り合うよう日々努力の日々…だけど、プレッシャーが半端なくてマリッジブルー気味。 今だに魔法の本の力を使っていることがベンにバレて喧嘩をしマルはロスト島へ戻ってしまう。 プレッシャーに押しつぶされそうになっているマルとは反対に他のヴィランズの子ども達がめっちゃ生き生きしてた。 イビィは得意の裁縫でみんなのドレスを作ったり、カルロスとジェイもオラドンの住人と上手くやってたし。 イビィ、カルロス、ジェイが凄く良いやつになってた。 マルは…紫の髪の毛がイメージにあるからブロンドがすごく違和感に感じちゃった。 実際のダブ・キャメロンはブロンドめっちゃ似合うんだけどね。 2.ロス…

続きを読む

【ティム・バートンのコープスブライド】死者の世界と生者の世界の色味が逆!

【作品情報】 題名:CORPSE BRIDE/TIM BURTON'S CORPSE BRIDE ジャンル:アニメ 監督:ティム・バートンマイク・ジョンソン 製作国:イギリス 上映時間:77分 【あらすじ】 恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。(シネマトゥデイより) 【感想】 ティムバートン監督らしいダークファンタジーだった。 生きている人間世界の方が色のない白黒に近い希望のかけらもない描写で死者の世界が色鮮やかで生き生きとしていて死んだ世界の方が楽しそうな描写というのが皮肉っぽくてすごくおもしろかった。 1.政略結婚のためリハーサルを行うビクター 成り金の親を持つビクター、没落貴族の一人娘であるビクトリアは政略結婚をすることに。 成り金の親は貴族とのつながりを持つため、没落貴族はお金の為に自分の子どもたちを結婚させることにする。 ビクターはおどおどしていて自信がないタイプ。 結婚式のリハーサルもまともにできず、ビクターがちゃんとするまで結婚式は延期になってしまう。 ビクトリアは控えめだけど芯がある感じの女性。 ビクターもビクトリアも結構まともな感じなんだけど二人の両親がどうしようもないクズで、なんであんな親からこの二人が産まれたのか謎。 結婚式が延期になったビクターは夜に森で結婚式の練習をする。 その時に死者のエミリーと結婚の近いをして…

続きを読む

【ダージリン急行】ポンコツ3兄弟の仲直り旅

【作品情報】 題名:THE DARJEELING LIMITED ジャンル:ドラマ 監督:ウェス・アンダーソン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:91分 【あらすじ】 父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、フランシス(オーウェン・ウィルソン)、ピーター(エイドリアン・ブロディ)、ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)。あるとき、事故で九死に一生を得たフランシスは、兄弟のきずなを取り戻すため、弟たちをインド旅行に誘う。(シネマトゥデイより) 【感想】 パッケージがすごく可愛くて、しかも「グランドブタペストホテル」の監督作品という事でいつか見たかった映画の一つ。 3兄弟が主人公なんだけど、この3人中が良いのか悪いのか…。 1年間音信不通になってたっていってたから中が悪いんだろうなと思ったけど、そこまで険悪な感じじゃないし不思議な関係で面白かった。 3人ともなんかしら問題があるんだけど、なぜか憎めなかった。自分の周りにいたら絶対いやだけど…。 長男が一番めんどくさかったかな。 1.長男が弟二人をダージリン急行に呼び出す 長男は仲が悪く一年ほど連絡を取っていなかった弟二人をダージリン急行に呼び出し聖地巡礼の旅を企画する。 そんな長男フランシスはバイクで事故を起こして死にかけて怪我が治りきらないままこの旅行を企画。 二男のピーターは離婚しようとしていた妻が妊娠しているのにも関わら…

続きを読む

【タイヨウのうた】悲しいけどすごく爽やかな気持ちになった

【作品情報】 題名:タイヨウのうた ジャンル:恋愛 監督:小泉徳宏 製作国:日本 上映時間:119分 【あらすじ】 太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。そんなある日、彼女は孝治(塚本高史)という青年と出会い、急速に親しくなっていく。しかし、孝治に病気のことを知られてしまった薫は、初恋も歌もあきらめてしまう。(シネマトゥデイより) 【感想】 2000年代って純愛ブームっていうか、難病の相手と恋愛をするっていう映画が流行ったんだよね。 私はあんまりそういった映画が好きになれなかったから、全然観てなかったんだけどこの映画だけは好きなんだよね。 観ようと思ったのはYUIが主演だったから。 当時YUIがすごく好きでこの映画だけは観ようと決めてた。で、観たらすごく良くて好きな映画の一つに仲間入り。悲しいだけじゃなくて最後には希望があるというか、残された人たちが普通の日常に戻っていくんだけどちゃんと心には薫の存在が残っていて爽やかに終わっていく感じがすごく良かった。 1.夜にしか出歩けない薫 夜な夜なギターを持って駅前の公園で弾語りをしている少女薫。 彼女は太陽の光にあたれないという難病を患っていた。 薫は16歳だけど病気のせいで高校にはいけないし、友達は美咲の一人だけ。 そんな薫も年頃の女の子という事で、ある男の子に恋をした。 …

続きを読む

【ディセンダント】ディズニーのヴィランズの子どもたちが改心していく物語

【作品情報】 題名:DESCENDANTS ジャンル:ファンタジー 監督:ケニー・オルテガ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:112分 【感想】 ディズニーチャンネルの映画だとは知らなかった。 普通の映画だと思って観始めたんだけど、映像がドラマっぽくて気付いた。 でもかなり面白かった。 ディズニー映画っぽく途中でミュージカルシーンもあり、恋愛要素もあり子ども向けの映画だけど普通に楽しめた。子どもと一緒に観たらより面白く感じるかも。 1.ヴィランズの子どもたちオラドン合衆国へ ヴィランズたちは離れ小島のロスト島に閉じ込められ、ディズニーキャラクターの英雄たちはオラドン合衆国で暮らしていた。 オラドン合衆国はベルの夫の元野獣アダム国王が統治しており、その息子ベンがヴィランズの子どもたちをオラドン合衆国のオラドン高校へ招待して親睦を深めようとする。 嫌がるヴィランズの子どもたちだったけど、オラドン合衆国にある魔法の杖を盗み親たちをロスト島から解放するように言われそれを実行するためにオラドン高校へ行く事に…。 ヴィランズの子どもたちは マレフィセントの娘マル 白雪姫の女王の娘イヴィ クルエラの息子カルロス ジャファーの息子ジェイの4人。 最初は行きたくないと言っていた4人だけど、魔法の杖を奪うという目的を得た4人はオラドン高校へ行く事に。 ロスト島で4人が踊って歌うシーンが格好良かった。 最初はディズニーチャンネルの映画ってことで…

続きを読む

スポンサーリンク