【スティング】悪いやつから金を奪え!

【作品情報】 題名:THE STING ジャンル:コメディ 監督:ジョージ・ロイ・ヒル 製作国:アメリカ 上映時間:129分 【あらすじ】 ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウら名優たちが繰り広げる痛快ストーリー。1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害する……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 4月に始まった「コンフィデンスマンJP」を見ていたら親に「このドラマまんまスティングじゃん」と言われ、「スティング」を薦められて見てみた。この映画本当に面白かった。「コンフィデンスマンJP」が面白いって思った人は「スティング」を見るべきだと思う。 70年代の映画だけど、古い感じがしないし、むしろおしゃれ。悪いやつがギャフンというあの爽快感もたまらない。 昔の映画あんまり観たことなかったけど、これからいろいろ見てみようかな。 1.ある男から金を奪う詐欺師3人 ある男たち3人が金を騙し取ったんだけど、その金はニューヨークにいる大金持ちのロネガンの金だった。 怒ったロネガンは金を奪ったやつを探し出して殺せと命令し、ベテラン詐欺師のルーサー…

続きを読む

【幸せなひとりぼっち】ひとりぼっちの周りに集まりはじめる人たち

【作品情報】 題名:EN MAN SOM HETER OVE/A MAN CALLED OVE ジャンル:ドラマ 監督:ハンネス・ホルム 製作国:スウェーデン 上映時間:116分 【あらすじ】 愛妻に先立たれ失意のどん底にあったオーヴェ(ロルフ・ラッスゴード)の日常は、パルヴァネ一家が隣に引っ越してきたことで一変する。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、迷惑な彼らをののしるオーヴェだったが、パルヴァネは動じない。その存在は、いつしか頑なな彼の心を解かしていき……。(シネマトゥデイより) 【感想】 妻に先立たれて子どももいないオーヴェ。 一言で言うと偏屈ジジイ。 お店で店員している時にあんなじいさん来たらめんどくさいなぁって正直思う。 けど、オーヴェがこんな偏屈になった理由が観ていくうちに分かっていき少し理解できるなって思う。 そんな1人で寂しく暮らしていたオーヴェの近所に一家が引っ越してきたことで近所の人たちとの仲も変化していき最後には悲しいけどホッコリするような映画だった。 1.愛妻の後を追うことにしたオーヴェ 59歳のオーヴェは愛妻に先立たれ仕事も首になり人生のどん底にいた。 オーヴェは昔住んでいる場所で自治会長をしていたけど今では近所の人から厄介者的な扱いを受け、オーヴェもそんな近所の人達に高圧的な態度をとっていた。 そんなオーヴェは妻の後を追う為に自殺をしようとするんだけど、ことごとく隣人やら訪問…

続きを読む

【世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方】絵本みたいなファンタジー映画

【作品情報】 題名:QUATSCH UND DIE NASENBARBANDE/FIDDLESTICKS ジャンル:ドラマ 監督:ファイト・ヘルマー 製作国:ドイツ 上映時間:83分 【あらすじ】 ドイツにある退屈な村に、消費者調査会社の人間が新商品のモニター調査のために来訪する。そして、個性的な老人たちは老人ホームへ入れられてしまう。そこで子供たちは、自分たちの村を特別な村に変えれば、大好きなおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくるかもしれないと思いつく。幼稚園を脱走し、仲間のアカハナグマと共にさまざまな世界記録の樹立に挑もうとする子供たちだったが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 パッケージがすごく可愛くて、面白そうだなと思ってレンタルしてみた。 映像と出てくる子どもたち、そしてアカハナグマがすっごく可愛い。 内容はちょっとあれだから、子どもたちとアカハナグマのクアッチを愛でる映画かなと思う。 子どもたちは可愛いんだけど、なんな子たちが回りにいたら大変だな・・・。 1.全てが平均の町 ドイツにある平凡な町は全てにおいて平均的ということで、消費者調査会社の人間が新作モニターを試しに村へやってきた。 消費者調査会社の人間がやってきてから町は変わってしまい、色々な偉業を成し遂げた老人たちは平均的ではないとして老人ホームへ入れられてしまう。おじいちゃん・おばあちゃんが好きな4歳児6人がおじいちゃんとおばあちゃんを老人ホームから助…

続きを読む

【サンクタム】内容はともかく洞窟内の映像は凄く綺麗

【作品情報】 題名:Sanctum ジャンル:サスペンス 監督:アリスター・グリアソン 製作国:オーストラリア/アメリカ合衆国 上映時間:109分 【あらすじ】 南太平洋にぽつりと浮かぶ島にある、熱帯雨林の奥地に広がる洞くつ。その地は、人が足を踏み入れてはいけない聖域(サンクタム)の様相を呈していた。そんな洞くつの謎に挑もうと探検隊がダイビングによる調査を試みるが、巨大なサイクロンが襲い掛かり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 映画の最初に「実話を基にしたストーリー」的な事が書かれているんだけど、見終わった後にほぼフィクションじゃねーかとツッコミを入れてしまう内容だった。 映画の原案者が洞窟探検家で実際に洞窟に閉じ込められたらしいけど全員無事に救出されてるらしいし。 登場人物もストーリーもフィクションだから、この映画は実話を基にしたって言わない方がいいんじゃないかと思う…。 1.洞窟探検 誰も足を踏み入れたことの無い洞窟の探検をする探検隊。 大金を使ってさらに精密機器もたくさん使って探検をしているんだけど、どうも準備不足だよねって感じ。 巨大なサイクロンが来ているのに避難せずに洞窟内に残ったり、洞窟探検初心者の女性を洞窟内に安易に入れたり。ベテランの洞窟探検家とかある程度経験を積んでいる人間が現場にいるのに危険回避の行動が全然できてなくて"う~ん"って思った。 ただ、洞窟内の映像がすごく綺麗。深い青色をしていて幻想的。内容…

続きを読む

【スポットライト 世紀のスクープ】事実を暴こうとする記者たちの物語

【作品情報】 題名:SPOTLIGHT ジャンル:ドラマ 監督:トム・マッカーシー 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:128分 【あらすじ】 2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 実話を基にした重いテーマの映画なんだけど、すごく面白かった。 というか、こんな根深い問題が教会にあるなんてこの映画が後悔されるまで全然知らなかった。 子どもたちの逃げ場所となっている所でこんなことが起きていることに驚いたし今でもたぶん解決はしてないという点で憤りを感じたけど、見てよかったと思える映画だった。 1.新しい局長が就任 ボストングローブ社に新しい局長が就任。 新しい局長バロンは極秘捜査を行い特集記事を手がける「スポットライト」というチームにゲーガン事件について調べるように支持を出す。 ゲーガン事件というのはゲーガン神父が30年にもわたり子どもたちに性的虐待を行っていたという事件だった。 この事件を調べるためにスポットライトのチームは証拠開示を求めることにしたけど、この行為は教会を訴えることと同じだった。 当時子どもだった被害者たち…

続きを読む

スポンサーリンク