【92歳のパリジェンヌ】92歳のおばあちゃんが尊厳死を貫き通す

【作品情報】 題名:LA DERNIERE LECON/THE FINAL LESSON ジャンル:ドラマ 監督:パスカル・プザドゥー 製作国:フランス 上映時間:106分 【あらすじ】 助産師として働き、子供や孫にも恵まれたマドレーヌ(マルト・ヴィラロンガ)。まだ元気だが、最近は一人でできないことも増えてきた。ある日、92歳の誕生日を祝うために集まった娘たち家族を前に、2か月後にこの世を去ることを宣言する。最初は反対していた家族も心を動かされていき……。(シネマトゥデイより) 【感想】 実在した人物をモデルに執筆された小説を映画にしたこの作品。 テーマが尊厳死についてだから結構重かった。でも、必要以上に重苦しい雰囲気になるわけじゃなくて観やすいと言えば見やすい映画だったかも。 この映画を観て尊厳死って難しい問題だなとすごく思った。 当事者としては老いていき、日々できない事が増えて行くことに絶望し弱っていくよりか自分で人生を終わらせたい。周りの家族や友人からしてみれば1日でも長く生きてもらいたいという思い。 どっちの気持ちも正しいと思うから本当に難しい問題だと感じた。 1.92歳の誕生日パーティー 92歳になったマドレーヌは家族に2ヶ月後に尊厳死をすると宣言する。 この宣言をした事でお祝いの席がお通夜のような雰囲気に…。 当然家族はこのマドレーヌの思いを理解することができず、マドレーヌが老人性鬱になっているのではと思ってしま…

続きを読む

【仮面の男】ディカプリオの1人2役がすごい

【作品情報】 題名:THE MAN IN THE IRON MASK ジャンル:ドラマ 監督:ランドール・ウォレス 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:132分 【あらすじ】 文豪アレクサンドル・デュマの原作「鉄仮面」をディカプリオを主演に迎えて映画化した文芸作品。1662年、フランスのパリ。若き暴君ルイ14世の圧政下、民衆は飢えに苦しんでいた。しかし彼には隠された秘密があった。彼は地下牢に双子の弟フィリップを幽閉していたのだ。引退をしていた三銃士たちはこの事実を知る。彼らは鉄仮面をつけられたフィリップを救出し、仮面舞踏会の日に王を入れ換える計画を企てる。この計画は一度は失敗し王に追いつめられはするものの、最後にはルイ14世と仮面の男の入れ換えに成功するが……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 三銃士とダルタニアンが出てくるフィクション映画だけど、微妙に史実を織り交ぜていたり実際にあった事なんじゃないかと思わせるような内容ですごくロマンがある映画だった。 年老いた三銃士と中年になったダルタニアンだけどめっちゃかっこよかった。 一線から退いた三銃士だけど、現役の銃士隊が束になってかかってきても負けないし。 ただ、理由があるにせよダルタニアンが暴君のいいなりになってる姿は情けなかったー。 1.暴君ルイ14世 若いルイ14世はまさに暴君。 民主が食べるものがなくて貧困に喘いでいるのに戦争を続け、民主には腐った食べ物を配給し…

続きを読む

【海底47m】海底に閉じ込められた姉妹の脱出劇

【作品情報】 題名:47 METERS DOWN ジャンル:サスペンス 監督:ヨハネス・ロバーツ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:90分 【あらすじ】 メキシコで休暇を楽しむ姉妹のリサ(マンディ・ムーア)とケイト(クレア・ホルト)は、「シャーク・ケージ・ダイビング」という方法で、海の中にあるおりの中から野生のサメを見ることにする。サメの迫力に興奮する中、突如ワイヤーが切れおりは水深47メートルの海底まで落下してしまう。無線は届かず、ボンベの酸素もそう長くはもたない極限状態で、姉妹はおりを囲む人食いザメにおびえながらも生還を目指す。(シネマトゥデイより) 【感想】 90分と短い映画だけど、次々にトラブルが起こり絶体絶命の状況が続くからあっという間に見られる映画だった。最初はサメに襲われるパニック映画かなと思ってたんだけど、それだけじゃなくてボンベの空気の残量だとか潜水病、窒素の幻覚とかパニックに陥る要素がたくさんあって面白かった。 ただ、こういうパニック映画は本当に女性がヒステリックになるから少しだけだけどゲンナリしちゃう・・・。 今回は主人公が二人姉妹なんだけど、姉のパニック具合がちょっと過剰すぎてうるさかった。 1.美人姉妹ケージダイビングをする メキシコへ旅行に来た美人姉妹のリサとケイト。 二人は地元の若い男性と仲良くなりサメを間近で見ることができるケージダイビングに誘われる。 サメを海の中から見ることに恐怖を感じたリサは…

続きを読む

【クロノス】虫型の機械を手に入れた事で不幸へまっしぐら

【作品情報】 題名:CRONOS ジャンル:ホラー 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作国:メキシコ 上映時間:92分 【あらすじ】 ギレルモ・デルトロ監督の長編デビュー作となる異色の吸血鬼ホラー。16世紀、ひとりの錬金術師によって作り出された金色の奇妙なスカラベ。「クロノス」と呼ばれるそれは永遠の命をもたらす謎の精密機械だった。時は流れて現代、骨董屋を営む老人ヘススは売り物の天使像の中からクロノスを発見。だが手に乗せたクロノスは突然動きだし、ヘススの手に食い込むと長い針を刺し液体を注入した。一方、不死を得ようと長年クロノスを探していた病床の大富豪デ・ラ・グァルディアは、甥のアンヘルからついにクロノス発見の報せを受ける。孫娘アウロラの不安をよそにクロノスの虜となっていくヘススは次第に若返っていくが、同時に血への渇望も沸き起こっていた……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 ギレルモ・デル・トロ監督の初期の作品という事で手にとってみた。 TUTAYAの発掘良品って言うやつで紹介されてたから気になってた作品。 平成初期の作品だから映像は少し古い感じなんだけど、面白かった。 ホラー作品だけどあんまり怖くなくて、古い感じのヴァンパイア映画とかゾンビ映画みたいな感じ。 怖くないけど、こういう雰囲気の映画結構好きかも。 1.骨董屋を営むヘスス ヘススは骨董屋を営み、孫のアウロラと恋人の3人で平和に暮らしていた。 仕事場の骨董屋…

続きを読む

【コララインとボタンの魔女】違う世界の理想のパパとママ…でも目がボタン…超不気味…

【作品情報】 題名:Coraline ジャンル:アニメ 監督:ヘンリー・セリック 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:100分 【あらすじ】 コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。一人で外出すると、ワイビーという少年が黒猫と共にどこからともなく現れ、また姿を消す。コララインは退屈しのぎに築150年のアパートの探検を始め、その最中にレンガで封印された小さなドアを発見する。(シネマトゥデイより) 【感想】 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督が映画化した作品である「コララインとボタンの魔女」。 雰囲気的には「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」よりも「ジャイアント・ピーチ」に近い映画かなという感じ。 出てくるキャラクターたちがみんな不気味で子ども向けではないという点がかなり好感がもてる映画でだった。コララインの家族は比較的普通の人たちなんだけども、近所に住んでいるミス・スピンク、ミス・フォーシブル、ボビンスキーがどこか変で不気味で良い味出していたと思う。 1.コラライン一家引っ越してくる ピンクのアパートに引っ越してきたコララインと両親。 コララインの両親は仕事が忙しくまともにコララインを相手にしてくれない。 不満に思っているコララインは外に遊びに出るも、外には変な黒ネコと近所の男の子のワイビーしかおらず退屈な毎日を過ごしていた。 そんなある日、ワ…

続きを読む

スポンサーリンク