【怒り】登場人物それぞれの怒りが交錯する複雑な映画

【作品情報】 題名:怒り ジャンル:サスペンス 監督:李相日 製作国:日本 上映時間:141分 【あらすじ】 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 重い映画だったー。特に沖縄編が・・・。 千葉編は何だかんだで最後に救いがあったから良かったけど、東京編は悲しい結末だったし沖縄編はもうやるせないというかなんというか・・・。 八王子で起きた殺人事件の犯人加も知れない3人の男とそれを取り巻く環境が複雑に絡み合っていてサスペンスとしても面白かったし、人間模様も複雑で最後まで目の離せない映画だった。 1.千葉編 港町に住む洋平には一人娘がおり、娘の愛子は家出をして歌舞伎町で風俗嬢をしていた。 愛子は洋平に千葉にある自宅に連れ戻されて平和な日常を送り始める。 そこで愛子は父親の元で働き始めたアルバイトの田代と知り合い、次第に二人は引かれていくが八王子の事件の犯人のモンタージュ写真がテレビで公開されたことによって田代とその周辺の人間たちの関係が変わり始めてしまう・・・。 愛子と田…

続きを読む

【イン・ザ・プール】医者の伊良部が1番ヤバイ

【作品情報】 題名:イン・ザ・プール ジャンル:コメディ 監督:三木聡 製作国:日本 上映時間:101分 【あらすじ】 中堅メーカーに勤務する営業マン・田口(オダギリジョー)は、ある日突然、継続性勃起症になってしまう。一方、ルポライターの岩村(市川実和子)は家のガスの元栓を閉めたかということから始まり、確認行為の慣習化による強迫神経症になる。そして田口と岩村は伊良部総合病院の精神科に通うはめになり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 三木聡の映画って本当にわかりやすい。 雰囲気というか独特の間の取り方とか。 口コミとか見てると三木聡の映画って好き嫌いがかなり分かれるみたいだけど私は結構好き。 ドラマの時効警察も見たし熱海の捜査官とかも見てたし、似たような雰囲気で楽しめた。 精神科に受診する人たちを題材にしてて一歩間違えば笑いにはならないと思うけど、この映画は絶妙なバランスで笑いに変えてるなぁって感じた。 とにかく、精神科医の伊良部役の松尾スズキがいいキャラしてた。 1.強迫神経症のルポライター ルポライターの岩村はいろいろな事が心配になり、日常生活が次第に送れなくなってしまう。 外出してもガスは切ったかとかドライヤーのコンセントは抜いたか、アイロンのスイッチも切ったかとか全て気になってしまい、仕事を放り出して家に確認しに帰ってしまったり…。 おちおち外出も出来ないから仕事にならず、自分で調べた結果強迫神経症の可能性がある…

続きを読む

【陰陽師Ⅱ】怨霊の次は神が相手

【作品情報】 題名:陰陽師Ⅱ ジャンル:史劇 監督:滝田洋二郎 製作国:日本 上映時間:115分 【あらすじ】 時は平安時代。貴族たちのあいだで雅な世界が営まれていた一方で、そのすぐ脇には底の知れない深い闇が広がり、鬼やあやかしが跋扈する世界が存在していた。この時代、都にはそうした暗黒世界の邪悪な力を“呪”をもって制する“陰陽師”と呼ばれる男たちがいた。ある日、太陽が突如黒くなる“日隠れ”が起った。都を不吉な空気が覆う。やがて、宮中の人々を次々と襲う鬼が現われる。すでに四人が犠牲になっている。彼らはいずれも体の一部分を食いちぎられていた。晴明は、この凶事に陰陽道の“八卦”との関連性を見出すのだったが…。(allcinema ONLINEより) 【感想】 前作は陰陽師頭が都の転覆を謀るため怨霊の力を借りてたけど、今作はまさかの神が相手。 敵が神とか話が大きくなってる…。 前作は道尊が都を乗っ取る為にめちゃくちゃやってたけど、今回は大和に滅ぼされた出雲族の復讐。 黒幕の幻覚が結構可哀相だったなぁ。 最終的に娘も息子もいなくなって一人で琵琶を弾きながら生き絶えるラスト。 一応幻覚は救われた感じなのかなとは思うけど悲しい終わり方だった。 1.都に人食い鬼が出没 ある日"日隠れ"という現象が起きてから鬼が現れ、人を襲い始めた。 襲われた人は目、肩、腕、鼻など一部分が喰われた状態で死んでいた。 同時期に都に納められている天叢雲剣という…

続きを読む

【陰陽師】歴史を勉強してたらより楽しめる映画かもしれない

【作品情報】 題名:陰陽師 ジャンル:史劇 監督:滝田洋二郎 製作国:日本 上映時間:116分 【あらすじ】  この世とあの世が曖昧に交差し、魔物たちが人と渾然と存在した平安時代。そんな暗黒の世を鎮め、ふたつの世界の調和を保つ能力をもつ“陰陽師”と呼ばれる男たちがいた。ある日、内裏では陰陽頭、道尊(真田)がある儀式を行い<都の守り人>の出現を予言する。そして、その守り人は帝の子を宿した藤原師輔の娘、任子のお腹の子を指しているかに思われた。やがて都のあちこちで魔物たちが蠢き始めたことを感じる晴明。そしてある夜、生まれたばかりの帝の子、敦平親王の身に異変が起き……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 オリンピックで羽生選手が陰陽師のプログラムをしてたんで、久しぶりに観たくなった。 結構前の映画だからCGとか特殊メイクとか微妙かもとか思ったけど、映画の雰囲気自体はすごく良くて私的には結構好き。面白かった。 1.都でおかしな事が起こり始める もともと、鬼や妖と隣り合わせで不思議な事が起こっていた都だけど宮廷の陰陽師を束ねている道尊が都の転覆を謀ろうとしてさらに都は混乱してしまう。 安倍晴明は都が滅んでも別にーって感じだったけど、友となった博雅に説得され道尊の計画を阻止する事に。 最初は清明殿とか博雅殿って呼び合ってたのに次第に呼び捨てになったり仲良くなっていく感じがめっちゃ良かった。 2.道尊の暴走 道尊が…

続きを読む

【青鬼2.0】青鬼の亜種が出現

【作品情報】 題名:青鬼2.0 ジャンル:ホラー 監督:前川英章 製作国:日本 上映時間:70分 【あらすじ】 ひろし(中川大志)と杏奈(平祐奈)は、いじめが原因で不登校を続ける同級生シュンの家を訪ねることにする。だが、二人はその途中で不思議な模様のチョウに誘われるように、怪物が出現するといううわさの“ジェイルハウス”に引き寄せられる。同じころ、シュンの不登校の元凶である卓郎(松島庄汰)たち三人も肝試しの実況動画制作のため屋敷に入っていく。(シネマトゥデイより) 【感想】 今回は前作の続編というよりもバージョンアップって感じ。 登場人物も役者は違うけど全員同じだし。 ただ前作は杏奈とシュンが主人公だったけど、今回はヒロシが主人公。 最後までクズだった卓郎が今作では改心し良い奴になっていたり、展開が練られていて前作より断然「青鬼2.0」の方が面白かった。 1.登場人物は前作と一緒 卓郎…ヤンキーで過去にいじめをしていた同級生が自殺した。 タケシ…卓郎の仲間。同じくいじめを一緒にしていて同級生を自殺に追いやった。 美香…卓郎の彼女。いじめに加担。 ひろし…虫に興味をもつマイペースな男子高校生。 シュン…卓郎たちにいじめを受け不登校に。家でゲームを作っている。 杏奈…いじめられているシュンを気にかけ家まで様子を観に行く委員長。 登場人物は一緒だけど、この中で廃屋である“ジェイルハウス”に入るのは卓郎、タケシ、美香、ひろし…

続きを読む

スポンサーリンク