【映画 桜蘭高校ホスト部】イケメンを愛でるだけならいい作品…なのかも…

【作品情報】 ジャンル:コメディ 監督:韓哲 製作国:日本 上映時間:105分 【あらすじ】 日本有数の名門校「桜蘭学院高校」に通う、たった一人の庶民特待生藤岡ハルヒ(川口春奈)。ひょんなことから男子と偽って“ホスト部”に入部したハルヒは、部長の環(山本裕典)に対してひそかに恋心を抱くように。そんなある日、シンガポールよりお嬢様ミシェル(篠田麻里子)が留学生として学園に来る。ミシェルと環は急速に接近し、ホスト部内に亀裂が走るが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 学生時代漫画を買って読んでた作品だから、ちょっと興味があって実写を見てみた。 漫画の内容をいくつかピックアップしてつなぎ合わせて作った感じ。 基本コメディだけど、少しシリアスな部分もあり…。 無駄にキラキラしてたし、コミックチックで見てて疲れた。 登場人物の顔がでかくなったり、文字が出てきたり演出も何か雑な感じがしてしまった。 小学生向けの映画なのかなと感じる内容だった。 シンガポールのお嬢様が篠田麻里子ってのもなぁ…。 ミシェルって名前だけどバリバリ日本人顔だし、あんまり英語上手じゃないし。兄役が韓国の人だし。 てか、篠田麻里子のロングヘア似合わない…。 全体的に低クオリティだなって感じる映画だった。 映画 桜蘭高校ホスト部 スペシャルエディション (初回限定) 【Blu-ray】価格:6772円(税込、送料別) (2019/9/28時点)楽天で購入 …

続きを読む

【悪の教典】サイコパスな伊藤英明超こわい

【作品情報】 題名:悪の教典 ジャンル:バイオレンス 監督:三池崇史 製作国:日本 上映時間:128分 【あらすじ】 ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。(シネマトゥデイより) 【感想】 公開された時に友人に誘われ、内容もよく知らないまま映画館に観に行ったこの映画。 後半のハスミンの虐殺ショーにかなり度肝を抜かれたというか、衝撃が半端なかった。 学生の時に観て、もう観ることはない…と思ってたんだけどAmazonプライム・ビデオで観れたからなんとなくまた観てしまった…。 2回目だけど、昔と変わらないパンチのある映画だったー…。 1.理想の教師ハスミン 生徒から慕われて、教師仲間からも信頼されているハスミン。 多分自分が高校生だったらころっと騙されちゃうんだろうなぁーってぐらいいい先生だった。最初はね。 映画がすすむにつへあどんどん胡散臭くなり、異常性が増し、ついに同僚の教…

続きを読む

【アヤメくんののんびり肉食日記】ストーリーはうまくまとまっていたけども…

【作品情報】 題名:アヤメくんののんびり肉食日記 ジャンル:恋愛 監督:芝崎弘記 製作国:日本 上映時間:99分 【あらすじ】 大学の生物学科研究室で、動物の骨格研究に熱中する理系女子大生・椿雛菊(足立梨花)は、恐竜オタクな帰国子女の後輩・菖蒲瞬(黒羽麻璃央)に口説かれる。大人しそうな見た目とは裏腹に、一目ぼれした椿に猛烈なアプローチを仕掛ける菖蒲に困惑する椿だったが、その純粋さにいつしか惹(ひ)かれていく。そんなとき、菖蒲の幼なじみだというエリザベス、椿のことが好きな先輩・仁英が現われ……。(シネマトゥデイより) 【感想】 漫画を読んでて、映画化されるってことでとりあえず鑑賞。 学生時代似たような研究をしていたから懐かしさもあり、手にとってみたんだけど…。 やっぱりこういう映画は肌に合わないなー。 ストーリーは概ね漫画に沿ってていい感じかなと思ったんだけど、役者の棒読み具合が酷い。 主人公の足立梨花は上手だったけど。 特にGENKIKG。なぜ演技ど素人であろう彼を起用したのか…。 GENKIKGが出てるシーンは痛々しくて直視できなかったわ。 それから、仁英役の人…。下手とかではないんだけど、あの俺様キャラを実写で見るのって結構しんどい。 仁英が出るたびに鳥肌が半端なかった。 1.大学生にありがちな恋愛トラブル 恋愛トラブルというか相思相愛の椿と菖蒲にちょっかいを入れてくる外野プラス2名。 2人の妨害で若干険悪にな…

続きを読む

【偉大なる、しゅららぼん】万城目節が炸裂しているぶっ飛び映画

【作品情報】 題名:偉大なる、しゅららぼん ジャンル:コメディー 監督:水落豊 製作国:日本 上映時間114分 【あらすじ】 琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。淡十郎と同じ高校に通うものの、彼とおそろいの真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように扱われる涼介。そんな中、日出一族と対立する棗一族の広海(渡辺大)とのトラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する。(シネマトゥデイより) 【感想】 万城目学原作の映画ってめちゃくちゃなやつが多い気がする…。 この映画も例にもれず、ぶっ飛んだ内容だった。 まず“しゅららぼん”って何?って思うよね。 映画の最後に“しゅららぼん”が何なのかわかるけど、正直意味不明だし…。 ドラマの万城目学原作の「鹿男あおによし」はめっちゃ面白かったけど「偉大なるしゅららぼん」は私にはレベル高すぎて良く分からない映画だった。 1.日出一族と轟一族 琵琶湖の周辺に城を構えた日出一族、そんな日出一族に隅に追いやられ本家しか残っていない轟一族。 二つの一族はいがみ合って暮らしていたけど、そんな時に新勢力が現れ2つの一族が協力して新勢力を倒すというストーリー。 日出一族は琵琶湖…

続きを読む

【ゾンビーズ】人間とゾンビの超斬新な恋愛映画

【作品情報】 題名:Z-O-M-B-I-E-S/ZOMBIES ジャンル:ミュージカル 監督:ポール・ホーエン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:94分 【感想】 ディズニーにかかるとホラー映画のモンスターも恋愛映画として描けるんだと衝撃的だった。 ゾンビと人間が恋に落ちるゾンビ版ロミジュリ的な感じ。 ディズニー映画って格差恋愛とか差別はダメだよーっていうのを、わかりやすく教えてくれるから良いよね。 ディズニーチャンネルの映画だから子ども向けなんだけど、やっぱり歌唱シーンは本当にクオリティが高くて大人でも十分楽しめた。 この映画は1回観ればいいかなぁとは思うけど、曲は何度も聴きたいなと思うのも結構あったり。ゾンビランドでの曲もダンスもかなりかっこよかった。 1.ゾンビと人間の格差恋愛 かつては人間を襲っていたゾンビ達は今ではゼットバンドで管理されて人間を襲う事なく平和に暮らしていた。 人間とゾンビは住む街が違うけどね。 ある日ゾンビの高校生達は人間の通う高校へ通うことに。ゾンビのゼットはそこで人間のアディソンと出会い2人は次第に惹かれ合っていく。 アディソンは名門のチアリーダー部に入部し、ゼットはアメフト部に入り活躍していく。 ゼットが活躍していくにつれ、人間とゾンビの高校生達との仲が良くなっていくが…というストーリー。 主人公がゾンビってだけで個性が強すぎるけど、今回一番強烈だったのがゾンビを毛嫌いするチアリーダー部のバッキ…

続きを読む

スポンサーリンク