【探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海】ザ・邦画サスペンス

568FCAC8-724A-4755-BB5A-5285537732AE.jpeg

【作品情報】
ジャンル:サスペンス
監督:和泉聖治
製作国:日本
上映時間:107分

【あらすじ】
天才的な頭脳で、数々の難事件を解決に導いてきた脳科学者・御手洗潔(玉木宏)。ある日、御手洗は半年の間に6体もの死体が海岸で発見されたという“死体島”の存在を知る。事件の現場である瀬戸内海の興居島に着いた御手洗は、死体が海流によってある場所からこの島に流れてきたと推理。その場所を広島県福山市だと突き止め、福山へ移動した御手洗たちだったが、外国人女性の変死体が発見されるなど奇妙な事件に遭遇し……。(シネマトゥデイより)

【感想】
この映画、ドラマを映画化したやつなんだ。知らなかった。
広瀬アリスのポジションがドラマでは堂本光一かぁ。ドラマ版も見たいけどレンタルショップにあるのかな…。

映画はザ日本のサスペンスって感じでおどろおどろしい雰囲気で事件が起こり探偵役の御手洗が事件を解決していく。
全く別の時間が最後には一つにつながっていくのがなかなか面白かった。
ただ赤ちゃんが死んじゃうってのが…。子持ちとしては見てられない。
あと、CGをもうすこし何とかして欲しい。
いかにも合成ですって映像だとちょっとね…。

事件が複雑に絡んでくるから最初っから真剣に見ないと途中でわけわかんなくなると思う、
映画は集中して見るものだけど、この映画は特に集中した方が良い。






よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

スポンサーリンク