【アンフレンデッド:ダークウェブ】ホラーじゃなくサスペンス

101C776D-27E4-4AC3-96C0-02C1DD0E21F4.jpeg

【作品情報】
題名:UNFRIENDED: DARK WEB
ジャンル:サスペンス
監督:スティーヴン・サスコ
製作国:アメリカ合衆国
上映時間:93分


【あらすじ】
中古パソコンを入手したマタイアスは、鎖につながれ監禁された女性やドラム缶の中に入れられた人など、ぞっとする動画ファイルの数々が保存されている「UNTITLED」という名前の隠しフォルダを見つける。その内容に戸惑っていると、見知らぬアカウントからPCを返さないとお前らは死ぬ、というメッセージが届く。(シネマトゥデイより)


【感想】
前作は自殺した少女の霊が復讐していく内容だったと思うけど、今回は霊とか超常現象とかではなく人間による殺人だった。
これはこれで実際にありそうで怖かったけど。
忘れ物のパソコンを自分のものにしてしまったことで恐怖に陥ることになるマタイアス。
パソコンをネコババしたマタイアスはしょうがないとして、一緒にスカイプしてた友達とマタイアスの彼女がとばっちりすぎる。
婚約者か入院している自分の母親かを選べなんて鬼畜すぎる。
遠隔操作でパソコンをいじって徐々に追い詰めていくのがかなり怖い。
インターネットの深層にあるダークウェブが実際にあることが恐怖だわ。
少しインターネットにつなぐ機械を持ってることか怖くなる映画だった。




よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

スポンサーリンク