【着信アリ】携帯持ってると怖さ倍増

着信アリ.jpg


【作品情報】
題名:着信アリ
ジャンル:ホラー
監督:三池崇史
製作国:日本
上映時間:112分


【あらすじ】
由美(柴咲コウ)は友だちの携帯が奇妙な着信音で鳴るのを聞く。着信記録は3日後。携帯には彼女自身の声で悲鳴のような留守録も残されていた。そして3日後、彼女はメッセージと同様の悲鳴をあげ、死んでしまう。(シネマトゥデイより)


【感想】
日本3大ホラーの一つだと私は思っているこの映画。
最初に観た時は携帯を持っていなかったから安心して観る事が出来たんだけど、携帯というかスマホを持ち始めた今改めて観てみるとかなり怖い。
悪戯で着信音をこの音にされたら激怒するわ…。
今の日本のホラー映画は足元に及ばないぐらい怖い映画だと思う。
「残穢」は面白かったけどそれ以外で面白い邦画のホラー最近ないもんな…。
どうしても昔の映画に手がのびちゃう。


1.自分の携帯番号から電話がかかってくると…

自分の持つ携帯電話から着信があると、その着信の日時に死ぬという噂が…。
由美の友達に3日後の日付で自分の携帯番号から着信があった。着信に出てみると自分の声と悲鳴が…。
そして3日後に友達は同じ言葉を発した後電車に惹かれて死んでしまった。
ここから、由美の周りで友人たちが同じように亡くなり始め親友のなつみのもとにも着信がきてしまう。
なつみはテレビ番組の心霊番組でお払いしてもらおうとしたけど助からず生放送の場でじゃらだが捻じれるようにして死んでしまう…。
そして次に由美の携帯に着信がきてしまう…。
この着信がきた人たちの死に際が本当に悲惨で怖い…。
最初は走っている電車にダイブしてバラバラになっちゃうし、エレベーターから落下して死んでしまったり、なつみが一番ヤバイ。自分の手で首をねじって引きちぎってしまうとかめちゃくちゃ怖かった。


1.死の予告電話の真相とは

予告電話を受けた由美は妹を死の予告電話で亡くした山下弘と一緒に真相を調べる事に。
そして、呪いの元凶が水沼マリエではないかとたどり着く。
そして由美は呪いの元凶があると思われる廃病院へと足を踏み入れる。
廃病院でのやり取りもまぁ怖かった。
天井からぶら下がって近寄ってくるシーンが本当に怖かった。
元凶を見つけて怨念を断ち切ったように見えたんだけど、呪いがそう簡単にとけるはずもなく…
由美は体を乗っ取られ、弘を刺して殺してしまうと言う衝撃的なラスト。
かなり後味悪い終わり方だった。


【見どころ】
最初から最後までまんべんなく怖い。
カラスが出てくるところまで恐怖。アパートに行った時に押入れみたいなとこから子どもが覗いていたり今思い出すだけで背筋が凍る。
最後までノンストップに恐怖を感じられるホラー映画だった。



よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

スポンサーリンク