【マレフィセント】本当は“悪”ではなかったマレフィセント

【作品情報】 題名:MALEFICENT ジャンル:ファンタジー 監督:ロバート・ストロンバーグ 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:97分 【あらすじ】 とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。(シネマトゥデイより) 【感想】 この映画のは公開されたと同時に4DXで観に行った。 4DXで観ちゃうと自宅で鑑賞するのが物足りなく感じちゃう。 マレフィセントが飛ぶシーンでは一緒に飛んでるような感覚になるし、雨が降れば水滴が落ちてくるし、魔法を使うと香りが漂ってくる。 4DXで一回観るとハマる。面白さ倍増だった。 もちろんこの映画自体すごく面白い映画だったってのもあるけど。 1.人間に裏切られたマレフィセント 最初は純真無垢な少女だったマレフィセント。 人間に恋したけど、その人間に裏切られ羽もむしり取られてしまった。 そりゃあんな裏切られかたすりゃ人間のこと恨みますわなぁって感じ。 その裏切った男が王様になって、子どもが生まれたなんて聞いたら復讐したいって思うのも普通だよね。 そんで、生まれたばかりの娘のオーロラに呪いをかけちゃったマレフィセント。 その後、…

続きを読む

【THE WAVE ウェイヴ】1人の教師が独裁者になるまで

【作品情報】 題名:DIE WELLE/THE WAVE ジャンル:サスペンス 監督:デニス・ガンゼル 製作国:ドイツ 上映時間:108分 【あらすじ】 自由な雰囲気で生徒に慕われるベンガー(ユルゲン・フォーゲル)は、校長の要請で独裁制の授業を担当することに。あまりやる気のない生徒に、「発言するときは挙手して立つ」など独裁制の実験を取り入れようと提案。しかし、ベンガーの予想を超え、独裁制に魅了された生徒たちは、学校外でも過激な活動をするようになり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 独裁制について勉強していたクラスで実際に指導者役を作り、独裁制の実験をはじめる。 すると、最初は戸惑っていた生徒たちが自主的に敬礼を考えたり制服を着るようになったりと徐々に過激化していってしまう。 実際に起こった事件を元にした映画なんだけどリアルで怖さがある映画だった。 独裁制ってのめり込むとヤバイなと思う。独裁制は結束力は高まるけど、それ以外の人たちを排除するという考え方がよくわかった。 1.独裁の実習を受け持つ事になったベンガー 不本意ながら独裁の実習クラスの担当になったベンガー。 実習で実際に独裁について実験をすることになり、ベンガーが指導者役として授業を進める事になった。 最初はクラスの結束が強くなり授業もスムーズで、生徒たちの評判もよかった。 でも次第にエスカレートしていき、実習の間だけ同じ服装をしたりウェイヴという呼び名を考えた…

続きを読む

【ガタカ】生まれながらの天才と努力の天才

【作品情報】 題名:GATTACA ジャンル:SF 監督:アンドリュー・ニコル 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:106分 【あらすじ】 遺伝子工学が発展した近未来。社会は遺伝子の優劣においてのみ人間の才能を判断していた。そのため、新生児は受精段階において遺伝子操作を行われ、遺伝子的に優秀な人材のみに選別されていた。そんな中、遺伝子操作をされることなく生まれてきたヴィンセントは、出生時に約30年の寿命と診断され、生まれた時から将来の見込みがない子供として育つ。やがて、ヴィンセントに遺伝子操作を受けた優秀な弟ができる。しかし、兄でありながら遺伝子の優れた弟には何をしてもかなわず、希望の無い生活を余儀なくされた。見せ付けられる差。やがて、ヴィンセントは宇宙飛行士を夢見るようになるが、その夢も劣性の遺伝子のため尽く断ち切られていった。しかし、そんな環境においても夢を追い続けたヴィンセントは、ある日、ずっと勝てなかった弟との度胸比べに勝ち、家を捨てて一人旅立つ。職を転々しながら下級クラスの生活を送った末、宇宙飛行士の施設“ガタカ”の清掃業についたヴィンセントは、ある日、闇業者の手配により、事故のため身障者となった元エリートに偽装し、“ガタカ”にエリート社員として潜り込む。しかし、そんなある日、ヴィンセントの正体を疑っていた上司が殺害され……。(allcinema ONLINEより) 【感想】 凄く面白かったと同時に凄く考えさせられる映画だった。 生まれる前に…

続きを読む

【耳をすませば】青春映画といえばコレ

【作品情報】 題名:WHISPER OF THE HEART ジャンル:アニメ 監督:近藤喜文 製作国:日本 上映時間:111分 【あらすじ】 宮崎駿がプロデュース、「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。思春期の不安や、複雑な乙女心、将来への不安と憧れなど、恋愛ストーリーの定番的要素を瑞々しい人間ドラマとして昇華。劇中劇として登場する、『イバラード博物誌』の井上直久が手掛けた幻想的な美術も素晴らしい。本が大好きな中学生の少女・雫。彼女はある時、図書カードに何度も連ねられた男子の名を見つける。その男子・天沢聖司の名に、淡い恋心を抱く雫。だが実際の天沢は、ぶしつけで粗野なヤツだった・・・。(allcinema ONLINEより) 【感想】 甘酸っぱい青春映画の代表といえばこの映画しかないと思う。 小学生の時に観た時はこんな恋愛憧れるなぁとか思いながら観てたけど、大人になってから観るとかなり甘酸っぱい。 観ていてニヤニヤしちゃったり、むず痒い気分になったり…。 ラストのシーンとか破壊力が抜群だと思う。 1.本がきっかけでで会う雫と聖司 図書館の貸出カードに書かれている名前が気になって、そこから恋が始まるなんてめちゃくちゃ憧れる!と小学生の時に観て思ったけど大人になってから改めて見るとそんなものは幻想でしかないと悲しくなるわ…。…

続きを読む

【デンジャラス・ビューティ2】ミス・アメリカのシェリルか誘拐されて…

【作品情報】 題名:MISS CONGENIALITY 2: ARMED & FABULOUS ジャンル:コメディ 監督:ジョン・パスキン 製作国:アメリカ合衆国 上映時間:115分 【あらすじ】 「ミス・アメリカンコンテスト」への潜入捜査で爆破事件を見事解決したグレイシー(サンドラ・ブロック)だったが、顔がわれてしまったため、潜入捜査が不可能になってしまった。そこで“FBIの顔”としてPR活動を担当することになるが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 大好きな映画の続編。 続編って結構当たり外れがあるけど、この映画は普通に楽しめた。 と言ってもやっぱり前作の方が好きかなぁ。 今回も美容コンサルタントのオネェキャラが出てくるけど、マイケル・ケインが演じたヴィクターの方が好きだなぁ。 1.FBIの広告塔となったグレイシー ミス・アメリカコンテストで潜入捜査をして有名になってしまったグレイシー。 顔が広く知られるようになってしまった為、捜査に支障が出るようになってしまった。 グレイシーがいては捜査ができないと考えた上司はグレイシーをFBIの広告塔として活動するように指示する。 不本意ながらFBIを続けていくには広告塔をするしかないと考えたグレイシーはお洒落な服を着て化粧をし、ゴーストライターが書いた自伝を発売したりとメディアに出まくるようになる。 さらに私生活では前回恋人同士になったエリックに振られてしまう…。 広告塔…

続きを読む

スポンサーリンク