【幸せなひとりぼっち】ひとりぼっちの周りに集まりはじめる人たち

【作品情報】 題名:EN MAN SOM HETER OVE/A MAN CALLED OVE ジャンル:ドラマ 監督:ハンネス・ホルム 製作国:スウェーデン 上映時間:116分 【あらすじ】 愛妻に先立たれ失意のどん底にあったオーヴェ(ロルフ・ラッスゴード)の日常は、パルヴァネ一家が隣に引っ越してきたことで一変する。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、迷惑な彼らをののしるオーヴェだったが、パルヴァネは動じない。その存在は、いつしか頑なな彼の心を解かしていき……。(シネマトゥデイより) 【感想】 妻に先立たれて子どももいないオーヴェ。 一言で言うと偏屈ジジイ。 お店で店員している時にあんなじいさん来たらめんどくさいなぁって正直思う。 けど、オーヴェがこんな偏屈になった理由が観ていくうちに分かっていき少し理解できるなって思う。 そんな1人で寂しく暮らしていたオーヴェの近所に一家が引っ越してきたことで近所の人たちとの仲も変化していき最後には悲しいけどホッコリするような映画だった。 1.愛妻の後を追うことにしたオーヴェ 59歳のオーヴェは愛妻に先立たれ仕事も首になり人生のどん底にいた。 オーヴェは昔住んでいる場所で自治会長をしていたけど今では近所の人から厄介者的な扱いを受け、オーヴェもそんな近所の人達に高圧的な態度をとっていた。 そんなオーヴェは妻の後を追う為に自殺をしようとするんだけど、ことごとく隣人やら訪問…

続きを読む

【曲がれ!スプーン】エスパー達の秘密のクリスマスパーティ

【作品情報】 題名:曲がれ!スプーン ジャンル:コメディ 監督:本広克行 製作国:日本 上映時間:106分 【あらすじ】 超常現象バラエティー番組のAD・桜井米(長澤まさみ)は、番組の企画で本物のエスパーを探し出すハメに。視聴者からの投稿を頼りに日本全国を旅して回るが、現われるのは有名人になりたいインチキ超能力者ばかり。それでも取材をあきらめない米は、次の取材対象者が待っている喫茶店「カフェ・ド・念力」に行くのだが……。(シネマトゥデイより) 【感想】 こういうゆる〜い映画本当好き。 何も考えずにひたすら楽しめるし。 同じ監督の「サマータイムマシンブルース」も大好きな映画だけど、この「曲がれ!スプーン」もめちゃくちゃ面白かった。 出てくる俳優が良い。あまり有名な俳優じゃないけど超能力を持ってる人たちが個性的でめっちゃ良かった。 1.あすなろサイキックのADの桜井米 小さい頃に謎の飛行物体を見てから、超常現象やらUMAやら不思議なことに興味を持った米。 大人になった米は「あすなろサイキック」という超常現象や超能力を検証する番組のADとなる。 そこで、米は上司から全国から送られて来た手紙の内容を取材するように指示されて、結果ぎ出るまで帰ってくるなと言われてしまう。 全国津々浦々まわっていろいろと調査をするんだけど、どれもデマばつかり。 ツチノコがレンコンだったり、ネッシー的なヤツが白鳥ボートだったり。サマータイムマシンブルース…

続きを読む

【しあわせのパン】美味しいパンでしあわせになる人たちのお話し

【作品情報】 題名:しあわせのパン ジャンル:ドラマ 監督:三島有紀子 製作国:日本 上映時間:114分 【あらすじ】 りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、パンカフェ「マーニ」を開店する。夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の担当で、いつも季節の食材をふんだんに使った料理がテーブルを彩っていた。そんな「マーニ」には、それぞれ何かしらの事情を抱えた客たちが店を訪れるものの、帰りには不思議とみんな心が軽くなっているのだった。(シネマトゥデイより) 【感想】 「水曜どうでしょう」とか「探偵はBARにいる」とは全く違う大泉洋が見られる映画だった。 コメディ感の強い俳優だけど、この映画では物静かだけど頼りになる理想の旦那さんって感じ。 今までの大泉洋のイメージがガラリと変わるけど、こんな雰囲気もアリだと思う。 むしろコメディ感が強い大泉よりもこっちの大泉洋の方が好きかも。 1.夏の客 北海道の月浦にあるパンカフェの「マーニ」。 旦那さんの水縞くんがパンを焼き、奥さんのりえさんが季節の野菜を使ったパンに合う料理とコーヒーを入れてくれるおしゃれなカフェ。 夏にやってきたのは誕生日に沖縄旅行をドタキャンされたOLの香織。 落ち込んでいた香織だけど水縞くんのパンとりえさんの料理、そして地元の青年の時生と過ごすうちに傷心した心を癒していく。 香織と時生は次第に惹かれあって行き、香織が東京へ戻る日に時生…

続きを読む

【LION/ライオン~25年目のただいま~】25年間迷子だった男性の実話

【作品情報】 題名:LION ジャンル:ドラマ 監督:ガース・デイヴィス 製作国:オーストラリア 上映時間:119分 【あらすじ】 インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使して捜索すると……。(シネマトゥデイより) 【感想】 25年前にインドで迷子になりその後オーストラリアに養子に出されたサルー。 5歳で迷子になったため住んでいた地域の名前もわからず母親の名前も分からず・・・。 オーストラリアで不自由の無い暮らしをしていたけど、自分の出自が気になり始めGoogle Earthを使って自分の出身地を調べ始める。 このフィクションみたいな内容の話が実話と言うことにびっくり。 映画用に少し脚色しているみたいだけどほぼ内容は合っているらしい。 映画の最後にサルー本人と実母、養母が出演していて実話なんだなぁと実感した。 1.兄と離れ離れになるサルー 兄が夜出稼ぎに行くことになり、5歳のサルーは家で留守番をするように言われるけど自分も手伝いたいと無理に兄と一緒に出稼ぎに行く。 けど夜なのでサルーは眠気に襲…

続きを読む

【怒り】登場人物それぞれの怒りが交錯する複雑な映画

【作品情報】 題名:怒り ジャンル:サスペンス 監督:李相日 製作国:日本 上映時間:141分 【あらすじ】 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。(シネマトゥデイより) 【感想】 重い映画だったー。特に沖縄編が・・・。 千葉編は何だかんだで最後に救いがあったから良かったけど、東京編は悲しい結末だったし沖縄編はもうやるせないというかなんというか・・・。 八王子で起きた殺人事件の犯人加も知れない3人の男とそれを取り巻く環境が複雑に絡み合っていてサスペンスとしても面白かったし、人間模様も複雑で最後まで目の離せない映画だった。 1.千葉編 港町に住む洋平には一人娘がおり、娘の愛子は家出をして歌舞伎町で風俗嬢をしていた。 愛子は洋平に千葉にある自宅に連れ戻されて平和な日常を送り始める。 そこで愛子は父親の元で働き始めたアルバイトの田代と知り合い、次第に二人は引かれていくが八王子の事件の犯人のモンタージュ写真がテレビで公開されたことによって田代とその周辺の人間たちの関係が変わり始めてしまう・・・。 愛子と田…

続きを読む

スポンサーリンク